ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!9周年目達成 !!

【濃厚レビュー】2in1PCの中の王者ASUS TransBook Chi T300Chiはデザイン・スペック・コスパ良しで最高!

Ads by Google

65_20151125_t300chi

T100taは最高かつ私のPC概念を大きく変えた稀に見るPCだったと、去年のベスト・バイ記事でも堂々たるベスト1にランクインしましたが、この度T100taが属するTransBookシリーズの現行モデルの中でも最上位モデルのT300Chiを手に入れました。

実の所、手に入れたと言っても私のではなく母用として購入したもので、私が自由に使えるものではありません。ただセットアップから環境を整えるまでの間は私の手元にあるため、ここぞとばかりにレビューしていきたいと思います。

いや~私のでなくてもいざt300Chiが目の前にあると興奮するものです。というわけでこれからしばらく濃厚レビュー記事を幾つかに分けて書きたいと思います。まず第1弾目はファーストインプレッション編です。ではどうぞ!

t100taに関する記事も良かったらご覧くださいまし〜

Ads by Google

今回のT300Chiの記事は写真が65枚程使われています。読み込みにかなり時間がかかるかと思うのでじっくり読みたい時にご覧ください。

TransBookの最上級モデル「T300Chi」

というわけで私の元に来ましたT300Chi。実はASUSアウトレットショップで一度注文したんですが、沖縄という理由で送料がバカ高く付いてしまったために、オークションで購入しなおしました。ちなみに価格は発売当初に比べてかなりお手頃になり、6万円強で購入可能です。

01_20151125_t300chi

離島はマジで良いこと無いorz

正真正銘T300Chiです。実は夏頃にT300Chiと同じくTransBookのChiシリーズのT90Chiをポチろうとしていました。それがいきなりT100Chiを飛び越えて最上位モデルが目の前にあるとは、ヨダレが出るわ(笑)

02_20151125_t300chi

MacBook Proを開封する時を思い出しますね。全く同じ形で梱包されています。

03_20151125_t300chi

フォォォォォォ

04_20151125_t300chi

Appleより優しいのがASUSです。引っ張ればフィルムが剥がせるのは流石ですな!

05_20151125_t300chi

パケ買い不可避な仕上がりですね。高級感が溢れています。

06_20151125_t300chi

ジャン!

07_20151125_t300chi

そしてヒョイッ

08_20151125_t300chi

下に続くつまみを引っ張ると、

09_20151125_t300chi

T100taの時と同様に下にアクセサリーがあります。

10_20151125_t300chi

内容物一覧。T300Chi(本体)と説明書類一式、画面拭きクリーナー、ストラップ、OGTケーブル、MicroUSBケーブルですね。

11_20151125_t300chi

 

内容物を詳しく見てみるよ!

1個1個詳しく見ていきましょう。

①ユーザーズマニュアル

まずは説明書ですね。相変わらず厚みのあるユーザーズマニュアルです。T300ChiはデフォルトでWindows8.1をインストールしています。独特な操作が必要で一応ユーザーズマニュアルにも記載されています。

12_20151125_t300chi

 

ストラップじゃなくてケーブルタイ

ストラップって意味は?と思ったんですがどうやらケーブルタイのようです。

13_20151125_t300chi

 

③画面クリーナー布

MacBook Proの時も入っていましたが、最近のPCには画面クリーナーもセットなのが標準なのかな?でもT100taには無かったな。。

14_20151125_t300chi

 

④MicroUSB OGTケーブル(USBホストケーブル)

OGTケーブルが付属しています。というのもT300Chiは標準USB端子が未搭載という弱点があります。まぁこの弱点に対応するためでしょうね。これは必須になるので無くさないようにしたいです。まぁ普通に売ってますが。

15_20151125_t300chi

どうせなら2つUSB端子があっても良かったのにな。

16_20151125_t300chi

 

⑤MicroUSBケーブル(オスオスタイプ)

ちょっと珍しいケーブルが付属していました。MicroUSBのB端子のオス同士のケーブルです。

17_20151125_t300chi

何に使うか分からない方も居るかもしれませんが、実はキーボードの充電に使用します。というのもT300ChiはキーボードがBluetooth式でバッテリー駆動です。そのためT300Chi本体から充電するためにオス同士になっています。これはかなり貴重なので無くしたら大変そうです。

18_20151125_t300chi

 

⑥充電器

こちらが充電器です。

19_20151125_t300chi

普通にコンセントに接続して充電を行います。

20_20151125_t300chi

端子はT300Chi専用で、ユニークな形状をしています。T100taはMicroUSBで充電可能なので往年ユーザーとしては残念なポイントですかね。

21_20151125_t300chi

上がT300Chiの充電器で、下がT100taの充電器。T100taの充電器はUSB充電なのでその分充電器本体のサイズも小さ目です。ただT300Chiの場合は専用なので充電速度に関してはT100taより早い可能性大です。

22_20151125_t300chi

 

いでよT300Chi〜

本体出すまでに長いと思ったそこの貴方!スイマセン。私興奮すると写真をバシャバシャ撮っちゃうものでレビューも長くなる傾向がございます。ちなみに今回は過去最高の写真枚数を用いてレビューしています。

さてさてようやくT300Chi本体です。まずは本体全体をご覧あれ。

24_20151125_t300chi

T300Chiの発表の時に大きくフューチャーされた点に薄さがあります。引きで見ても薄さが伝わるかと思います。

25_20151125_t300chi

ちなみにT100taと比べると結構薄くなったんだなと感心させられます。それぐらい薄さに関しては秀でています。

26_20151125_t300chi

XperiaZ3と比べた様子。スマホ2個分の薄さですかね。

27_20151125_t300chi

MacBook Pro 2015年モデルと比べても薄さが分かるかと思います。

28_20151125_t300chi

ただ全体的に薄いわけではなく、奥に行くほど厚みが増してきます。といっても1番厚い部分と比べてもそこまで厚いわけではありません。最近の薄さが特徴のPCとも十分に張り合えます。

29_20151125_t300chi

横側はこんな感じ。ちょっと見づらいですが、USB3.0のメス端子があります。ここにMicroUSBのOGTケーブルを差し込んでホスト端子を使います。後スピーカーも横側にあります。

30_20151125_t300chi

後ろ側。T300Chiは2in1PCなので取り外しが可能ですが、T100taに比べて取り外し部分がスマートになりました。出っ張りなども無く非常にデザイン的にも美しく惚れ惚れしてしまいます。

31_20151125_t300chi

逆横側です。スピーカーや充電端子穴、更にボリュームキーなどがありますね。ココらへんの使用感は別の記事で更に詳しく紹介していきます。

32_20151125_t300chi

天板には勿論ASUSのロゴマークがキラキラしています。いや~何時見てもASUSのロゴは良いですな!

33_20151125_t300chi

あ底面部分。ゴム足がある以外は何もありませんね。底面部分と言ってもT300Chiの場合はキーボードの裏側になり、一般的なノートPCの様なゴチャゴチャ感が全くありません。

34_20151125_t300chi

裏側の排熱処理を気にしなくて良いためゴム足も極限まで高さを短くしています。

35_20151125_t300chi

固定ページ: 1 2

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)