ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

最短10日程度!docomo Xperia Z3のタッチ切れは無償修理出来るよ

Ads by Google

修理して戻ってきたXperia Z3。快調!

今から丁度2年ほど前にdocomoにて契約したXperia Z3。

デザインの良さと処理能力の高さが気に入りメイン機として使用してきましたが、2016年の4月にiPhone SEを購入してからはメッキリと使わなくなってしまいました。
裸での使用でしたが大事に使っていたのでキズもほぼなく、まだまだ使えるのにな〜なんて思っていた矢先、久しぶりに電源を入れてみるとタッチが全くもって出来ない状態に。

Xperia Z3ユーザーだった方ならもしかすると聞いたことがあるかもしれませんが、実はZ3には固有の不具合「タッチ切れ」というものがあります。
その名称の通りタッチが切れる、反応しないというスマートフォンとしては結構キツイ不具合。

発生するタイミングは人それぞれですが、原因としてはバッテリーが内部で膨張し、タッチパネルが圧迫され正常に反応しなくなるなどがあるそう。
なので私のようにタッチパネル全域がタッチ切れを起こす場合もあれば、一部分のみ反応しない、又は反応が鈍くなることもあるとか。

Ads by GearBest & Google

SONYタイマーがあるのかそれとも都市伝説なのか分からないですけど、その不具合に気付いたその時はタッチ切れなんて知らなかったし、なんでタッチ出来ないのかも分からない状態だったので勿論調べることになります。すると何やら私と丁度同じタイミングでタッチ切れに悩むユーザーさんがちらほら居るわけですね。ツイートを遡ってみても私と同じく購入後1年後から1年半程度でタッチ切れに出会う確立が高くなるらしい。

丁度その頃にはメイン機ではなくなっていた事もあって、ものぐさから暫くの間放ったらかしにしていたZ3。引っ越しの荷物整理の時に改めて勿体無いな〜と思い、何気に「Z3 タッチ切れ」と検索してみるとどうやらdocomoに限っては無償修理が出来たという報告がチラホラありました。

というわけで先日実際に修理に持っていった所、記事タイトルの通り何事もなく無償で修理することが出来たというわけです。

XperiaのZ3がタッチ切れ起こしてまして〜で通じるぐらい有名らしい

早速近所のdocomoショップに行きZ3のタッチ切れの修理が出来るのか否かを確認することに。
無償で出来れば修理してもらい、出来ない場合は諦めようぐらいの気持ちだったので初っ端から「あのこれXperia Z3なんですが、実はタッチ切れを起こしてまして〜」とZ3を取り出して単刀直入に相談。

すると「あ~なるほどです。少々確認いたしますので〜」の流れから15分後には故障受付票で説明を受ける程あっという間に受付自体を完了。どうやらdocomo側でもZ3の不具合は認識しているようでしたね。

正直物持ちが良い方なので修理依頼経験がほぼ無い私。色々聞かれたり書いたりするのかな?と思いきや直ぐ完了したのであっけらかんでした。

保証に入っていないプランを契約&1年の保証期間過ぎてても無償修理出来るよ

説明の中で、端末固有の不具合が確認できれば無償で修理をする事が出来るけど、水没や明らかな人為的故障などと判断された場合は無償修理出来ない。それを確認するために一旦工場で分解する必要があるとのことでした。
私の場合契約プランに端末の保証等一切入れていなかったというのと、1年の端末保証期限が過ぎていた事もあり、もしも無償修理が出来ない場合で修理を希望される場合は、全額有償で修理する事になりますという説明もありました。まぁ勿論そうなりますよね。

故障受付票を元に蛍光ペンで色々説明されますが、修理自体がNGになる場合があるという説明も受けます。例えばroot化などrom弄りをしていると修理が出来ないわけですね。まぁこれも当たり前ですかね。

「水濡れ」、「全損」、「改造(ソフトウェアの改造も含む)」、「ドコモ指定の故障取扱窓口意外での修理の痕跡がある」場合等、お預かり品の状態によっては、修理を行わずにご返却する場合があります。

※故障受付に関する確認書【修理内容】①より引用

なのでromカスタムしている方は修理出す前には純正に戻すなりしておくと良いでしょう。
私もZ3でroot化してましたけど、飽きたのでデフォルトにFlashしてたので特に問題はありませんでした。

10日前後で修理完了

数ヶ月掛かるのかなと思いきや意外と早い修理でして、私の場合だと修理出して約10日目でもう既に2回修理完了の着信が入ってました。私の住む沖縄だと恐らく県外の工場で修理すると思うので、本州住まいの方なら陸路なのでもっと早いかもしれませんね。

タイトルで完結してますけども、やはりZ3固有のタッチ切れという不具合と認定され、無償で修理することが出来ました。本体と一緒に修理結果表も受け取ることが出来ますが、その結果を見るとちょっと面白い事が。

なんと私のZ3、カメラのレンズが破損していたらしいです。

???

タッチ切れしててもマウス操作でカメラ撮影出来てたんですけどね。なんでだろうか。
取り敢えずリアケースの交換と、その関連でサイドケースも交換されたと記載があるのでそういうことなんでしょう。リアケースと書かれているので背面のガラスの部分で傷でもあったのかな?それとも割れてたのかな〜?

傷ついてたっけな?〜でもありがとうございますm(_ _)m

まぁタッチ切れの修理と合わせて一緒に修理されて戻ってきました。
タッチ切れの不具合は分かりますが、リアケースとサイドケース含めて無償修理なので大満足というか、凄い良対応だなと感じました。こういった経験をするとトータルdocomoで契約して良かったのなと感じたりもしました。色々文句は言うんですけど、やっぱ良かったなーなんてね。ホント私みたいなユーザーは都合いいですよね汗

【関連記事】
docomoデータSパック解約→電話以外不可で毎月¥2918円払います(まだ高けぇよ) | degitekunote2

以上です。
取り敢えずXperia Z3のタッチ切れ修理の一連の流れをただ書き連ねてみました。まぁ3行でまとめると、

  • Xperia Z3には固有の不具合「タッチ切れ」があるよ
  • でもこれdocomoなら無償修理出来るよ。保証切れてても&プラン入って無くても。auは知らん
  • んで修理早いよ。あとリアケースとサイドケースとか交換してくれたりするかもよ。

こんな感じです。

物としては結構まとまった良いデバイスだと思うので、Z3を使っていたユーザーでタッチ切れで引き出しに眠っているとか、自力で修理しようと検討中とか、別のサービスで安く修理を依頼しようとしているとか、そこら辺の方は是非一度ショップで修理依頼をしてみると良いかもしれません。
ただしdocomoユーザー以外の方はちょっと分からないので、契約キャリアさんに直接聞いてみると良いかもです。どうやらメーカー側も不具合を認識しているエアーなので。

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)