5周年目突入!
ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!

degitekunote2

iPhoneでもAndroidでも魚眼・マクロレンズが楽しめる3in1レンズセット「Gizcam」

, , , , ,

        784 views(おおよその数です)

Ads by Google

042_20160702_gizcam

最近のスマホのカメラの良さには驚かされますよね。私は基本一眼レフで物撮り等を行うわけですが、iPhone SEを購入してからは一眼レフを持たなくても綺麗な写真が撮れるので結構助かっています。

そんなスマホのカメラ、画質が良いのはもう皆さん知っての通りなわけですが、レンズが交換出来ないため面白みに欠ける事が多々あります。例えばマクロで撮ったり、魚眼で撮ったりという事が基本出来ないわけですね。勿論ソフトウェア的に内部処理をして擬似マクロ、擬似魚眼は可能です。ただやっぱりそれでは物足りないという事もあります。

というわけで今回はスマホカメラ撮影をもっと楽しくしてくれるスマホ専用レンズをレビューしてみます。3in1セットで魚眼とワイド、マクロ撮影を行うことが出来ます。

 

Ads by Google

 

おっ中々良いんじゃないの!!スマホカメラ・レンズのGizcam

実は私スマホに取り付けるタイプのレンズは初体験。今回はGizcamさんよりサンプル品を頂いたのでどんなものなのかワクワクしてます。

002_20160701_gizcam

3in1タイプだそうで、レンズが2つの内片方のレンズのネジを緩めて外すと3つのレンズとして使うことが出来るんだとか。魚眼レンズとマクロレンズとワイドレンズになります。

003_20160701_gizcam

おしゃれ!

004_20160701_gizcam

コチラが内容物ですね。レンズ2つにクリップ2つです。

005_20160701_gizcam

後で分かったんですが箱の後ろをスライドさせると

022_20160701_gizcam

専用ポーチとクリーナーが入っていました。商品ページを見てなかったらそのまま燃えるゴミになっているところでした。購入される方はココ注意です。

023_20160701_gizcam

レンズはこんな感じ。大小のレンズがあり、それぞれゴムキャップでレンズ部分が保護されています。

006_20160701_gizcam

クリップはこんな感じ。2つとも同じ作りでクリップとレンズを取り付けて使います。

007_20160701_gizcam

取り付けた様子。結構コンパクトなんですね。

008_20160701_gizcam

取り付けははめ込むだけでOK。意外としっかりはまるので無理な力が掛からない限り外れたりすることは無さそう。

009_20160701_gizcam

クリップが2つ入っているので常時直ぐに取り付けられるのはナイスですね。ちなみに左側の大きなレンズが魚眼レンズ、右側がワイドレンズ(マクロレンズに変化します)です。

010_20160701_gizcam

価格は約1700円と安い部類に入ると思うんですが、こうしてみると結構しっかり出来ている印象。レンズも透き通っていますし勿論ゴミなどもありませんでした。

011_20160701_gizcam

実際に取り付ける時はスマホのカメラとレンズが丁度中心に来るようにセットすればOK。クリップ力はそれなりにあるので一度セットすれば触らない限りズレません。

013_20160701_gizcam

横から見るとこんな感じ。外で使っても全く気にならないサイズですよね。

014_20160701_gizcam

先程はワイドレンズでしたが、大きめの魚眼レンズでも全く問題無し。

015_20160701_gizcam

Gizcamのレンズの面白いところはスマホであれば簡単に取り付けることが出来るという点。ケース一体型とかではなくクリップ式なので勿論Androidでも問題なく使えます。

024_20160701_gizcam

3in1タイプなので3つのレンズが使えるわけですが、ワイドレンズはマクロレンズと一体型なため、マクロレンズを使いたい時は反時計周りに回して緩めてあげます。

017_20160701_gizcam

するとこんな感じに2つのレンズになります、写真の右側がマクロレンズ。ワイドレンズからマクロレンズに変換するのは若干面倒です。

018_20160701_gizcam

それぞれのレンズの様子。

魚眼レンズ

魚眼レンズ

021_20160701_gizcam

ワイドレンズ

マクロレンズ

マクロレンズ

一通りレンズの紹介も出来たので、実際に使ってみたいと思います。使うスマホは勿論iPhone SE。使うカメラアプリはiOS純正のカメラアプリでやってみます。

025_20160701_gizcam

 

試し撮り!

マクロレンズ

まずはマクロレンズで撮ってみた写真です。魚眼レンズもワイドレンズも撮ったんですが、1番楽しくて沢山撮ったので多めです。倍率:10X、撮影距離:10-15mm

026_20160701_gizcam

027_20160701_gizcam 028_20160701_gizcam 029_20160701_gizcam 033_20160702_gizcam 034_20160702_gizcam 035_20160702_gizcam 036_20160702_gizcam 038_20160702_gizcam 037_20160702_gizcam 039_20160702_gizcam 040_20160702_gizcam 041_20160702_gizcam

魚眼レンズ

続いて魚眼レンズで撮った写真です。幾つか撮ったんですが1番綺麗に撮れていた1枚。角度:175~180度、倍率:0.33X

030_20160702_gizcam

ワイドレンズ

ワイドレンズで撮った写真です。魚眼に比べて見ると分かりやすいかなと思ったんですが正直微妙でした。ちなみに他にも撮ったんですがちょっとしかワイド感が出なかったですね。ワイドレンズに関してはスマホの種類によっても変わってくる可能性高いです。角度:110度、倍率:0.67X

031_20160702_gizcam

 

擬似処理写真よりやっぱレンズの方が良いね!

012_20160701_gizcam

まぁ当たり前っちゃ当たり前なんですが、やっぱりレンズを取り付けて撮った写真の方が綺麗ですしよく写っています。

ワイドレンズに関しては機種を選びそうですが、マクロレンズと魚眼レンズはバッチリです。特に魚眼に関してはケラレも無く綺麗に撮影出来ました。迫力のある写真が撮れるのでInstagramとかやっている人には良いアイテムになりそうですね。あとマクロは個人的に楽しかったです^^

クリップ式なので簡単取り付けが可能なので気軽に取り出して使える点は良いなと思いました。ポーチ付属なので鞄に常備していても良いかも!一応スマホケースの上からでも取り付けられますが、あまりに分厚いケースだとクリップが広げられない可能性もあるのでちょい注意です。

というわけでGizcamのスマホカメラレンズのレビューでした。気になる方はチェックしてみては!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

                    

Ads by Google

  , , , , ,