ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

リケーブル対応4000円ハイコスパ低域イヤホン「S530」は価格以上の音質!

Ads by Google

21_20160210_s530

どうも、最近当サイト「degitekunote2」の記事を丸事超絶参考にしたパクリサイトを見つけた私(@こふす)です。まさかの語尾だけ変えるという荒業がされていましたねww。これが初ではないので慣れたものですが、イラつく反面嬉しかったり!

さてさて、今回は面白いイヤホンをレビューしていきたいと思います。皆さんリケーブル対応のイヤホンをご存知でしょうか!?

「リケーブルイヤホン」とはケーブルを交換することが出来るイヤホンでして、イヤホン本体から伸びているケーブルが取り外し可能になっています。そのため断線したとしてもケーブルさえ交換してしまえば末永く使うことが出来ると一定層の人気があります。

最近では高級イヤホンなどではリケーブル対応が当たり前になってきていますが、普通の価格帯のイヤホンでリケーブル対応というのはまぁ見ません。当たり前っちゃ当たり前ですけどね。

そんなリケーブルイヤホンですが実は探せば低価格でも見つけることが出来て、例えば今回レビューするイヤホン「S530」は実売価格(Amazon調べ)約4000円にしてなんとリケーブル対応且つ、想像以上の低域音を体験出来たりします。

というわけで今回はイヤホン好きは是非見ておきたい、実売4000円で購入できるリケーブル対応のイヤホン「SUR製S530」のレビューです。

 

Ads by Google

 

リケーブル対応!驚きの低域!そしてハイコスパ!それがS530

*今回レビューするS530はAIKAQI株式会社様よりサンプル品提供をしてもらいました。ありがとうございました。m(_ _)m

パッケージはこんな感じ。SURという中国のメーカーさんらしくて、モデル名はS530になります。ネットで調べてもあまり情報がないので結構楽しみです。

01_20160210_s530

パッケージ右上にはHi Fiの文字がありますね。どのレベルで忠実に再現してくれるのか期待させてくれますね!って言っても今回紹介するS530は約4000円で買えるイヤホンなので高望みは危険と言い聞かせつつ早速開封していきます。

02_20160210_s530

価格の割には結構しっかり開封演出もされてますね。いや~やっぱり期待できますぞ!!

03_20160210_s530

中身はこんな感じ。説明書と専用ポーチとリケーブル対応コード、そしてS530本体になります。

04_20160210_s530

説明書が無駄に分厚いので一応ぱらぱらめくってみましたが、カッコイイ製品画像が更に期待させてくれます。wktk

05_20160210_s530

満足の内包物もグッド!

まずは専用ポーチ。SURのロゴが大きく描かれています。ちょいハードポーチな感じですね。

06_20160210_s530

中からはお約束のイヤークリップとコードクリップが登場。

07_20160210_s530

こちらはリケーブル対応の予備コード。

08_20160210_s530

予備コードと言っても本体付属のデフォルトと全く同じものではなく、コントローラー部分等は標準のケーブルよりも良い物が搭載されています。スマホ利用時はこちらの予備ケーブルに交換する方が良いかもしれないですね。

09_20160210_s530

そしてリケーブル対応イヤホンの特徴的な接続部分。形状を見た限りでは一般的な接続端子とはちょっと異なる印象。交換コードを購入するときはしっかり選ぶ必要がありそうですね。

10_20160210_s530

S530はコーヒーカラーがオススメ

S530本体です。まず見て欲しいのがこのデザインです。Amazonでは2色のカラバリがありましたが、私はその内のコーヒーカラーをチョイス。シルバーもあるようです。

11_20160210_s530

標準ケーブルには先程の予備ケーブルのコントローラーより若干ちゃっちい物が搭載されています。一応再生と一時停止、更に音量の調整等が可能です。

12_20160210_s530

二股に分かれる部分はこんな感じ。

13_20160210_s530

個人的にちょっと嬉しかったのが約4000円で購入できるライトユーザー向けイヤホンにも関わらず、ケーブルの太さが2.5mmあったところですね。

14_20160210_s530

本体部分はこんな感じのデザインです。所謂王道のカナル型イヤホンですが、形状がまぁお洒落ですよね。

15_20160210_s530

筐体は恐らくアルミ製でひんやり冷たい感じ。ケーブルの接続部分などの作りもまさか4000円で購入できるイヤホンとは思えない仕上がりです。

16_20160210_s530

後ろから見てもデザインは私好みですね~これで音質が良ければもう言うことなしです!!

17_20160210_s530

そうそう、リケーブル対応ということでこんな風に完全にケーブルと取り外すことも可能です。S530の大きなポイントであり特徴でもありますね。

18_20160210_s530

正直私もリケーブルイヤホンは初なのでかなり興味津々でした。面白いですよね〜

19_20160210_s530

 

S530の音質チェェック!!

イヤホンレビューと言えば恒例の音質チェックです。取り敢えず小1時間エイジングなしで聞いてみたのでその評価をしてみます。

20_20160210_s530
  • 高域     :
  • 中域     :
  • 低域     :
  • バランス   :
  • 解像度    :
  • 細部の表現力 :
  • 空間の表現力 :
  • デザイン   :

S350総合評価:(28.5/40)

率直な感想

一番最初聞いて感じた印象は「低域に強いな」でした。
見た目からは全く想像していませんでしたが、思った以上に低域が強いイヤホンです。

見た感じチャンバーがそこまで無いのにこれだけの低域が出せるのは正直驚きましたが、低域大好きの私がちょっと引くぐらい低域が出すぎているかなという側面も感じましたね笑。

ただ低域が出すぎているという事は、逆に高域や中域とのバランスが上手く取れていないということとも言えるので、バランスで見た時にはS530の弱点がくっきり現れるかなと感じました。

確かに曲によっては低域の出方には合っていない高域と中域の出方がちらほらありましたね。

あとかなり強い低域ですが、ちょっと残念かなと思ったのが低域の出方に解像度が追いついていない点ですね。まぁこの価格のイヤホンに解像度を求めるのもかなり酷な話ですが、低域がよく出ているだけについつい解像度も求めてしまいます。解像度が足りない事が原因で若干品のない低域音の鳴り方になっているのはちょっと残念。

ただトータルで見た時に、S350は買いか?というと完全に買いです。上の評価でも低域に関しては星4を付けていますし、デザインに関しては星Maxです。完全にハイコスパイヤホンでした。

低域好きな方で安価でイヤホン欲しいなと考えている方が居たら取り敢えずチェックしておきたいですね!

 

ちなみに今回レビューしたS350は元々6000するイヤホンなので、4000円で購入できる今は意外とお得です。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)