ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

小型でタフな奴!アウトドア最適なBluetoothスピーカーBTSP-20の音質チェック

Ads by Google

01_20160118_btsp20

どうも、震えが尋常じゃないスカルキャンディーのクラッシャーで音楽を楽しむのが日課になりました私(@こふす)です。関連記事思わず笑ってしまう物理的に震えるヘッドホン「スカルキャンディのクラッシャー」レビュー

以前大褒めしたOMAKERのBluetoothスピーカーの記事をレビューしましたが、今回はそのOMAKERのBluetoothに外見がそっくりなInateckのBTSP-20という製品をレビューしてみたいと思います。

関連記事振動する程低音がナイスなミリタリー系防滴携帯Bluetoothスピーカー「OMAKER M4 Bluetooth」

OMAKERの方は今なおデスクの上で毎日のように使っている程素晴らしく音質の良い(価格の割に)ポータルスピーカーでしたが、さてBTSP-20はどうなんでしょうか。

早速レビュしていきます。

 

Ads by Google

 

 

極似だけどOEMでもない!?また違った特徴のBTSP-20

BTSP-20を見て行く前に是非とも見て欲しいのがOMAKERのポータブルBluetoothスピーカーです。今回は外見がかなりOMAKERとそっくりなBTSP-20をレビューしていくので、OMAKERとの比較を前提にレビューしていきます。

関連記事振動する程低音がナイスなミリタリー系防滴携帯Bluetoothスピーカー「OMAKER M4 Bluetooth」

02_20160118_btsp20

今回レビューするBTSP-20はInateckさん提供品です。でも容赦なく評価していくのでポータブルBluetoothスピーカーを購入予定の方にはかなり参考になるかと。

03_20160118_btsp20

中身はBTSP-20本体と、ユーザーマニュアル、そして付属品の箱です。

04_20160118_btsp20

付属品はコチラの3点。

05_20160118_btsp20

AUXケーブルとMicroUSBケーブルですね。ということはBTSP-20はAUXケーブルを使用した接続もできるということですね。OMAKER同様Bluetooth未対応でも使えるのはナイスです。

06_20160118_btsp20

そして吸盤も付属してきます。こちらはOMAKERの時は付属していなかったです。

07_20160118_btsp20

では早速本体を見ていきましょう。

08_20160118_btsp20

外見はこの様に正方形でコンパクトにまとまった形状をしています。ポータブルスピーカーなため振動にも強いハードゴムで覆われているのが特徴です。

09_20160118_btsp20

上部にはこの様に4つのボタンがあります。こちらで電源を入れたり音量の調整などを行うことが可能です。

10_20160118_btsp20

サイド部分にはこの様にAUXケーブルジャックとUSB接続端子が搭載されています。

11_20160118_btsp20

きちんとゴム製の蓋で閉じられています。OMAKERもゴムの蓋で閉じられていますが、形状が異なりBTSP-20の方がしっかり閉じることが出来る印象です。ちなみに結構硬いです。

12_20160118_btsp20

ストラップホールドがあり、最初から付いています。OMAKERの場合は取り外しが可能でしたが、こちらは基本取り外しが出来ない仕様みたいです。

13_20160118_btsp20

そしてOMAKERと大きく異なるのが背面部分です。BTSP-20はこの様にロゴが記載されているだけで特に何もないですが、OMAKERはNFC接続ができました。この違いを見る限り恐らく両者の製品はOEMでは無い可能性が高いですね。ただ見た目は超絶似ています。

14_20160118_btsp20

正面にスピーカー口があります。網網の中が若干見えますが、やはりコーンの大きさなどからもOMAKERとは異なっているようです。BTSP-20の方が若干小さいですがはてさて音質は如何なんでしょうか!

15_20160118_btsp20

ちなみにBTSP-20とOMAKERを並べるとこんな感じ。色味こそ違いますが、大きさと良いハードゴムと言い仕様と言いほぼ同じです。ちなみに両者とも防水完備で水場でも使えます。

17_20160118_btsp20

厚さもほぼ同じです。OMAKERはこの厚さが功を奏してか低域もメリハリのある音を出してくれてて、私はそこに惹かれて今でも使っています。

18_20160118_btsp20

背面のNFCの搭載の有無も両者の大きな違いですが、背面部分の使用素材もこうしてみると違いがわかりますよね。BTSP-20は指紋が写真に写るぐらいピカピカのプラスチック製ですが、OMAKERはガサガサタイプのプラスチック製です。

19_20160118_btsp20

両製品ともコントロールボタン類は全て上部に集中しています。並びこそ違いますがそれぞれ4つのボタンで操作することが出来ます。ここだけ見るとOEM製品にしか見えません。(実際はどうなのかな?ちなみに現在でもハッキリとは分かっていません)

20_20160118_btsp20

付属していた吸盤はこの様にストラップを引っ掛けることが出来るようになっています。お風呂場などタイルが壁になっているところで便利に使えそうです。

21_20160118_btsp20

電源ボタンを長押するとこの様にペアリングモードへ移行します。後はBluetooth搭載端末でペアリングするだけです。

22_20160118_btsp20

BTSP-20の詳細スペックはこちら。

出力 3W
DC電圧 5V
バッテリー 3.7v / 800mAh
連続使用時間 最大6時間
充電方式 MicroUSB
フル充電時間 約2時間
防水レベル IPX5

 

BTSP-20 vs OMAKER

接続し再生できることを確認したので、今回の記事の醍醐味であるOMAKERのBluetoothスピーカーとの音質チェックをしてみたいと思います。

24_20160118_btsp20

こんな感じで両製品を設置し、マイクを取り付け撮影してみました。かなり簡単でノイズも多いのでイマイチよくわからない録音でしたが、安物マイクにしては一応両製品の音質の特徴を捉えていたかと思います。

25_20160118_btsp20

では早速動画にて確認してみてください。(イヤホンorヘッドホン推奨)

 

BTSP-20 vs OMAKER 結果は…

両製品の価格帯(約3000円台)を踏まえての評価です。

Inateck BTSP-20(15/25)

  • 高域  :
  • 中域  :
  • 低域  :
  • バランス:
  • 総合  :

率直な印象としてはちょっと音がこもっているかなという感じです。ただしこのこもりは再生する音楽によって変わるため、中域が良い感じに活かせる曲を選択すればそれはそれでありですね。

高域はよく出ていますが時折キンキン音がします。低域はちょっと残念でした。バランスとしてはほぼ中間で、良くも悪くも普通にリスニングすることが出来るスピーカーかなと思いました。

ただ1つ特徴があって、かなり音圧は高くすることが出来ます。そもそも両製品ともアウトドアでも使えるスピーカーが前提なため、外でガンガン使うという場合にはBTSP-20の本領が発揮できるかなと。

OMAKER Bluetoothスピーカー(19/25)

  • 高域  :
  • 中域  :
  • 低域  :
  • バランス:
  • 総合  :

やはりこれまで評価していた通りBTSP-20と比べても一回り良い音質でした。高域もよく出ていますし、中域もそれなりに、低域に至ってはよくこのサイズで出せるなと思わずにはいられない程出ます。

両製品を最初見た時はOEMかとも思いましたが、それぞれで音質に特徴があるため全くと言ってもいいほどに別の音が出ます。

OMAKERはどちらかと言うとクリアさに重点が置かれたスピーカーかなと思います。

 

私が評価した限りではOMAKERに軍配が上がりましたが、両製品とも価格帯以上の音が出ていることには間違いありません。BTSP-20は音圧が高くガンガン外でも使うことができますし、OMAKERはクリアな音質で使うことができます。

ポータブルタイプのBluetoothスピーカーがかなり出てきていますが、この2つの製品は間違いなくライバルかと。価格的にも同価格ですし、十分迷える良いラインナップと思いました。

これから外でも使えて防水性も高いポータブルBluetoothスピーカーを購入しようと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)