ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

USB3.0×4ポートでVL812チップ搭載ケーブル内蔵式スリムバスパワーHUB「HB4006」が良すぎ!

Ads by Google

014_20150425_hb4006どうも、私(@こふす)が作成公開しているSTINGER5の子テーマ「SIMPLESTER」のDL数がもう少しで1000に到達しそうです!WordPressでブログしているよという方いましたら是非チェックしてみてくださいな→SIMPLESTER

さてさて、以前ドイツのPC周辺機メーカーInateck社が販売しているUSB3.0ハブのHB4007をレビューしましたが、嬉しいことにInateck社より別モデルのUSB3.0ハブの提供をしてもらうことが出来ましたので早速レビューして見たいと思います。

結論からいうとめっちゃ良いです。

Ads by Google

原寸大画像が見れるようになりました
ついにdegitekunote2でも記事で紹介する画像の原寸大画像が見られるようになりました。原寸大で見ることが出来るカテゴリーは限られていますが、より細部まで拡大できるので製品の特徴を知りたい方は見てみて下さい!

FlickrFlickrにアクセスします

 ケーブル内蔵が特徴!USB3.0ポートが4つあるコンパクトハブHB4006

 今回レビューするのはInateck社さんから提供していただきましたHB4006というUSB3.0ハブです。オンラインショップのAmazon店から送っていただきました。

001_20150425_hb4006

 

価格は1799円。USB3.0ハブというと2000~3000円することもあるのでリーズナブルな価格です。

002_20150425_hb4006

 

じゃん。パッケージは真っ黒ですね。ちょっとパッケージの傷が目立ちますがそんなのどうでもいいです。

003_20150425_hb4006

 

ポート数は4つ。いづれも全てUSB3.0になります。

004_20150425_hb4006

 

オープンと同時にこんにちはです。そうそうこういうパッケージの仕方ってAppleの特許らしいですね。知ってました!?

005_20150425_hb4006

 

中身はHB4006本体と説明書的なもののみ。説明書的なものは全てドイツ語なのでよくわからないです(汗

006_20150425_hb4006

 

ほらキタ。以前紹介したHB4007の時も言いましたが、デザインが美しいですよね。まるでApple製品にピッタリのような色合いが美しいです。まぁ私Windowsオタクなんですがね笑

007_20150425_hb4006

 

ロゴがカッコイイです!

008_20150425_hb4006

 

まずは正面から見て行きましょう。4つのポートがあって全て正面にあります。端子と端子の距離は狭すぎず広すぎずいい安牌です。

009_20150425_hb4006

 

サイドには小さな穴がありますが、電源供給端子になります。別売りのACアダプターを差し込むことで大きな電源が必要なデバイスでも安定して駆動させることが出来ます。勿論通常使用程度ならACアダプター無くてもOK

010_20150425_hb4006

 

底面です。フラットで特に何もないです。

011_20150425_hb4006

 

表面には電源ランプが付いています。USBポートに差し込むと白色に光ります。青じゃなくて白という点がポイントですね。

012_20150425_hb4006

 

HB4006の一番の特徴はなんといってもケーブルが収納式という点です。既にケーブルが付いているため別でケーブルを持ち歩く必要がありません。

013_20150425_hb4006

 

引っ張ると出てきて

014_20150425_hb4006

 

あ15cm程度まで伸びます。ノートPCでの使用ならこれくらいの長さが1番良かったりしますよね。

015_20150425_hb4006

 

勿論USB3.0コネクタです。

016_20150425_hb4006

 

ちょうど以前紹介して愛用しているHB4007が手元にあったのでサイズを比較してみます。どちらもUSB3.0ハブで、搭載ポート数は4つです。どちらも搭載しているチップは現在主流で安定性の高いもので、HB4007がGL3520、今回レビューしているHB4006はVL812です。安定性は言うまでもなく高いです。

017_20150425_hb4006

 

大きさはHB4006が二回りほど大きいですね。ケーブルを内蔵しているのでその分大きくなっています。高さはほぼ同じで、重量も同程度です。ケーブルの有り無しでサイズがここまで変わります。

018_20150425_hb4006

 

実際にPCと接続するとこんな感じ。PCは愛しのT100taで10.1インチになりますが結構ハブが大きいなという印象ですね。

019_20150425_hb4006

 

USB3.0なので接続速度は申し分なしです。勿論バスパワー駆動でも問題無いですね。

020_20150425_hb4006

 

ちょっと本体サイズが大きいなという印象を受けましたが、普段使いのPCバッグに入れてみるとそこまで幅は取らないですね。ポート4つ搭載ハブの中では大きめに入りますが、ケーブルなどが不要な点スッキリまとまるメリットがありますね。

021_20150425_hb4006

持ち運び用としてUSB3.0のハブを探しているという方はHB4006結構良いと思いますね。私も持ち運び用としてPCバッグに忍ばせておこうかと思います。

ちなみにですがUSB3.0のハブはUSB2.1ハブとは勝手が違い、安定性を考慮しないで購入すると痛い目に会う確率が高いので前述したように搭載されているチップセットをしっかりと見ておくことをおすすめします。その点今回紹介したHB2006や以前紹介したHB4007は安定性の高いチップセットが搭載されていて価格もリーズナブルなので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)