ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

スマホ強制冷却!サンワサプライのスマホ専用クーラーは冷えるか!?400-CLN024

Ads by Google

どうも、梅雨明けしました沖縄在住私(@こふす)です。梅雨明けちゃいましたので本格的な夏を迎えつつある沖縄からお送りしておりますです。

さて、夏場に外でスマホを使うと発熱が凄くて、挙動不審になったりアプリが落ちたり熱すぎて持てないとか、温度絡みで厄介になることって皆さん経験あるかと思います。

最近だとポケモンGO関連でオリジナルのスマホ発熱対策をされているという方もよく見聞きするようになりました。熱冷まシートを背面に貼って使っている姿も見たことがありますが、物理的に冷ますとなると案外選択肢が少ないのが現実。
なので大概ソフトウェア側で抑制したりタスク管理をすることで発熱量を下げたりしますが、実はサンワサプライからスマホ専用の冷却クーラーと言うものが発売されていまして、これがまぁ面白いんですよ。

今回サンプル品を使う機会がありましたので、一体どんな製品なのかチェックしてみたいと思います。夏のスマホ発熱に悩んでいた方。是非見てってください〜

Ads by GearBest & Google

というわけでやってきたのがコチラ。サンワサプライから発売中の「スマホ用冷却クーラー」型番400-CLN024という製品。

スマホ用冷却クーラー(ファン付・横置き縦置き両対応・スタンド付・3段階風量調節) 400-CLN024の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト

ナニコレ?コレでスマホを冷やせるの?って感じで、ぱっと見では何だか簡素な作りの感じですが、

実は裏面を見てみると分かる通り、ファンが内蔵されていて背面から空気を吸ってスマホに風を送り出す事が出来る様になっているんですね。

縦置きのスタンドもあったり、

はたまた横置きのスタンドもあったり。

サイドにスマホ固定用のホルダーがあって、このホルダーで挟むことでスマホを固定することが出来ます。ホルダーは伸び縮みするので様々なスマホに対応可能。

ホルダーは横のボタンを押すことで自動で展開してくれます。あとはスマホを台に置いて、ホルダーをカチカチと閉めてあげれば簡単に固定されます。

対応幅は53〜95mmで、最近の4インチより大きなサイズのスマホだとほぼ対応しています。ちなみにiPhone SE等のジャスト4インチは残念ながらきっちり固定出来ませんでした。
なので大きめのサイズで、ゲームなど高い処理も熟せるスペックのスマホユーザー向けの製品かなっていう印象ですね。

ホルダーに挟むと結構ゴツい見た目になります。幅も相当あるので簡単にポケットなどには入れられなくなります。

なんか男の子だったらワクワクさせるゴツさだよね笑

1,000mAhの内蔵バッテリーを搭載していて、電源ボタンを押す回数でファンの回転数を弱・中・強と切り替える事が可能。

ちなみに回転数は弱が(4,000±10%rpm)、中が(5,000±10%rpm)、強が(6,200±10%rpm)になります。強にいたってはMacbook Proの内蔵ファンと同じか、少しだけ上レベルの回転数になり、結構な回転数になります。
なので音もそれなりにあって、正直部屋の中で強で使うと結構うるさいですね。ただ外で使う分には特に気にならないレベルなので、外出時だけ使ってみるというのも良いかもです。あとイヤホン付けてしまえば正直音なんて聞こえないので気になる方はイヤホン使うのもアリです。

回転数と最大風量とノイズの数値はこんな感じ。

 
ファン回転数 4,000±10%rpm 5,000±10%rpm 6,200±10%rpm
最大風量 3.5CFM 4.5CFM 5.0CFM 
ノイズ(音) 24dB-A 27dB-A 33dB

充電はMicroUSBケーブルで行えるので、汎用性は高いです。連続使用時間も弱で約4時間、中で約3.5時間、強で約3時間で案外持ちますし、バッテリーが切れてもモバイルバッテリーさえ持っていれば外出時でも充電が可能です。

実際に手に持ってみるとこんな感じ。私の手は成人男性で言うと標準から少し小さめぐらいのサイズ感ですが、こうやって手にしてみると流石に持ち辛さは感じられます。

ちなみに重量は実測値で119g。スマホと合わせると250g〜300g近くになるので重量もそれなりに増えます。女性の方も持てないという事は無いと思いますが、子供の手のサイズだとちょっと厳しいかなという感じ。あと基本的にスマホケースは外して使うことになるので、しっかり持てないと外に持ち出すのは怖いかもしれません。個人的には持ちやすい様に引っかかりとか欲しいなと思ったり。

 

気になるのは冷却効果。風量は◯、冷えも◯

重量も増えて持ち辛さもありますが、去年大好評だった前作のバージョンアップ版という事もあって流石に効果は感じられます。

まず回転数を最大6,200rpmまで上げられるので、かなり風量を得ることが出来ます。なので単純に熱放射を促進させてくれて筐体上の発熱が起きづらくなります。

↑思っている以上に風量があるのは特徴の1つですね。

勿論冷却ガスとか、ペルチェ素子とかを使うわけではないので冷たくなるわけではありませんが、熱さは大分和らぎます。
そしてスマホを載せる台の部分がアルミ素材になっているので、全体的にスマホ背面の放熱性も高めることが出来ます。ちなみに台から少しだけ浮かす事も出来て、こうすると風の抜けが更に良くなります。遊びがあるので自分の使い方に合わせて若干固定位置の調整等も容易です。

サーモグラフィカメラを持っていれば視覚的に温度の下がり具合を伝えられるのですが、生憎持っていないので体感的な感想になっちゃいますけども、ベンチマークを連続で回している時でもあまり発熱は無かったですし、若干ベンチマークの数値も良くなったのでそれなりに冷却効果はあるのかなと思います。
まぁ手で触って分かるぐらいに発熱量が抑えられているので間違いなく熱対策には効果的だと思います。

ただ1つ惜しいなと思うのが、手で持った時にファンの排気口を塞いでしまがちな構造になっている点。塞げば塞ぐ程風量は減るのでちょっと勿体無いなと思いました。一応意識しないと完全に排気口を覆うことは無いので心配する程ではありません。

 

400-CLN024どうよ??

このサイズ感でこの冷却効果が得られるなら結構まとまった製品だなと思いました。価格も約4,000円台ですし、外でスマホを使う機会が多いとか、ポケモンGOなどのGPS連動のゲームをよくするけど発熱に困っているという方にはピッタリだなと思いました。

なによりスマホ専用のクーラーという製品が面白いですよね。言っても類似製品って少ないですし、しかも結構立派な回転数のファンが搭載されているので外で使わなくても発熱量の多い処理をする方には使ってみても面白いかなと思いました。
縦置き・横置き可能なスタンドもあるので立て掛けて使えますしね。

あとはこれがスマホケースとして出てくれるともっと使い勝手良くなるだろうな〜と思ったり。ただ端末ごとにバリエーション作るとなると大変なので最初はiPhone系とXperia系だけで作っちゃうとかね。サンワサプライさんなら来年辺り作ってくれそう笑

実用性もあって、手頃な価格なのでこの夏スマホの熱対策に使ってみても良いかなと思いました。興味がある方は公式WEBショップページから詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか!!

スマホ用冷却クーラー(ファン付・横置き縦置き両対応・スタンド付・3段階風量調節) 400-CLN024の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)