ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

丸めて収納出来る「サンワサプライ竹チェアマット」が超絶オススメ過ぎる

Ads by Google

どうも、ローデスク派?ハイデスク派?と聞かれるとローデスク派な私(@こふす)です。あぐらかきながらの作業が結構好きなんですが、腰やっちゃうので最近は専らハイデスクを使っております。

さてハイデスクを使うとなりますとデスクチェアが必須ですよね。最近だと立ちながら作業するスタイルも流行ってますが、なんやかんや椅子に座って楽〜に作業したいものです。ただここで皆さんにお聞きしたいのが、デスクチェア使うと時の床の傷対策ってどうしてますか?です。

私はというと昔はPVCやポリカーボネート製のチェアマットを使っていましたが色々と使いづらくて、以前住んでいた家では何も敷かずにそのまま使っていました。ただそうすると床への傷が半端ないんですよね。オフィスの様に最初から部屋一面にマットを敷いているわけでも無い限り、傷を減らそうとなるとチェアマットの利用が重要になるわけですが、PVCやポリカーボネート製だと何かと不便。
実際に私がPVCやポリカーボネート製のチェアマットを使って不便だなと思ったのが以下の点。

  1. 使わなくなった時の収納がクソ困る。大きいサイズだとなお困りまくる。
  2. 硬すぎて逆に配送時に曲がってしまい形が付いて使いづらい。
  3. プラスチックの触り心地が嫌。冬クソ寒い。
  4. 大きいサイズだと価格が高くなる。
  5. 基本曲がらなから大きいサイズだと家に運ぶのがクソ面倒。 等など

使えば確かに床への傷は抑えられる一方で、中々使い勝手の良いチェアマットが無かった(探せなかった)わけなんですが、機会あってサンワサプライさんより発売中の竹製チェアマットのサンプル品を使ってみた所、先程の不便な点が全て解決出来てしまったので今回はそのレビューをしたいと思います。

丁度新築一戸建て引っ越したタイミングなのでここは是非傷なし床をキープしたい所。早速サンワサプライ製竹チェアマットの魅力を見ていきましょう〜

チェアマット(おしゃれ・竹・バンブー製・木目・幅96cm・奥行120cm) 100-MAT012の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト

Ads by Google

まず折り畳める。これが神過ぎてこれだけで買い

まず家に届いた瞬間よっしゃと思ったのがこのサイズ感。この薄いダンボールに全て含まれているという事はこのサイズで収納も可能という事です。

取り出してみました。写真では丸めた形ですが、平ぺったい形で折り畳むことも可能なので、使わない時は物入れ等に簡単に収納することが出来ちゃいます。
これ個人的には物凄く便利だなと思ったポイントで、これまで買ってきたPVCやポリカーボネートのチェアマットでは出来なかった事が出来るのでこれだけで買う価値あるなと思いました。
PVCやポリカーボネートの場合実は破棄する時も面倒ですからね。これは同じく結構便利だと思う方も多いのではないでしょうか。ちなみにこんな感じに丸めても巻きグセが付かないのもポイント。

平ぺったい形で折り畳むと3つ折りになり、約15mm(1.5cm)程度の厚さになります。縦にも横にも収納できますし、丸めた状態であれば部屋の隅に置くことも出来るので収納に関してはホント良く出来ていますよね。ナイスです!

公式サイトより

カラー展開は3色あり、私はブラウンをチョイス。フローリングの色に合わせて自由に選べるのも購入しやすいですよね。

公式サイトより

厚さは5mm。厚すぎずかといって薄すぎない丁度良い厚みかなと。PVCやポリカーボネートだともっと薄いタイプもありますが、5mmぐらいなら大きな段差になるわけでも無いので問題は無いかなと思います。恐らくルンバも超えられると思いますし笑

裏面はフェルト生地になっているので竹面が擦れて床が傷付く事もありません。フェルト生地なので滑りやすいのかな?と思いきや、椅子に座って過ごす分には特に動くこともありません。(座りながら椅子を移動させても大丈夫でした)

ちょっと見づらいですが表面は竹製だけあって手触りも良く、ぱっと見ヘアライン風な格好なので好き嫌いも少ないかなと思いますね。あとマット調で表面がキラキラ光る事も無いので結構落ち着いています。

敷いてみるとこんな感じ。サイズは1200mm×960mmなので普通の使用であれば結構余裕あります。多少椅子で動いても範囲から落ちる事も無いので丁度良いサイズかなと。

1200mmのデスクでデスクワゴン無しだと奥まで敷けます

冒頭の写真と一緒ですが椅子を置くとこうですね。椅子の滑り具合も良いですし、なんと言っても安心感が半端ないですね。恐らくこの竹チェアマットなら普通に使えそうな感じですし、耐久性もあるので長く使えるかなと思いました。

価格は約¥7000円と安価なチェアマットと比べると手が出しにくい価格帯ではありますが、まずコンパクトに収納できるという点だけでも買いですし、3色のカラー展開や、竹の触り心地余裕あるサイズ感裏面がフェルト生地で摩擦での床への傷防止等など、価格以上に優れているポイントは多いなと感じました。

実際PVCやポリカーボネート製のチェアマットを買って失敗してきた身としてはよく出来た製品ですし、使いやすいです。敷物ですが何気に毎日使うモノなので使いやすさは妥協しない方が良いかなと。
公式サイトだともう少し詳しい製品のポイントが紹介されているので、興味ある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

チェアマット(おしゃれ・竹・バンブー製・木目・幅96cm・奥行120cm) 100-MAT012の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)