5周年目突入!
ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!

degitekunote2

読まなきゃダメダメッ! 〜オススメピックアップ記事6選〜

001_20160726_google-dmca

2016/07/26

【DMCA申し立ては欠陥だらけ】なんでパクリ・・・

色んなメディアが登場し、様々な表現方法が選べる中、未だにパクリサイトが存在する意 …
001-2016.04.14-macbook-kowai

2016/04/14

MacBookシリーズは買うな。特にReti・・・

01_20151229_install-freesoft-2015

2015/12/29

2015年総結!絶対間違いないインスコ必須W・・・

どうも、2015年遂にWindows厨からMacも使う両刀使いになった私(@こふ …
001_20150720_tad22fw

2015/07/21

冷風機は冷えるのか!?TOYOTOMI「TA・・・

 どうも、どう考えても異常気象だろと思う気温が続いています沖縄在住の私 …
001_20150126_harasumento

2015/01/26

あなたは幾つ知ってる?全30種類の○○ハラス・・・

どうも、今レアチーズが無性に食べたい私(@こふす)です。 さてさて皆さん、ハラス …
【日本の世代名まとめ】ゆとり世代、バブル世代、しらけ世代、ポスト団塊の世代…

2014/08/20

【日本の世代名まとめ】ゆとり世代、バブル世代・・・

バリバリのゆとり世代の私(@こふす)です。ゆとりゆとりといわれるのも聞き慣れてき …

薄い!安い!お洒落!熱持ち難い!3個のコイル内蔵Qi充電器 from EC Technology

, , ,

      2016/10/14     399 views(おおよその数です)

Ads by Google

008_20161012_qi

以前iPhone5/5s/SEサイズのQi対応ケースと、Qi充電器をレビューしましたが覚えているでしょうか?まだご覧になっていない方&iPhoneをQi対応させたい方は是非ご覧あれ〜

お古のiPhone5再活用!Qi充電ケースと充電器でApple Music垂れ流し専用端末に変身させるぞ

レビューからある程度経ち、今もなおQiケースを付けたお古のiPhone5を家用のメディアプレイヤーとして使っていますが、まぁこれが便利なんですね。ワイヤレスで充電ができる、これがこんなにもストレスフリーなのかという事を知ったのは正直驚きでした。

だって明らかに高速充電より時間が掛かるわけですし、iPhoneユーザーであればわざわざケースを付けてなければ使えません。でもやっぱりQiに慣れるとLightning端子を挿すのが億劫になるほど楽なわけです。

置くだけですからね。

もうバッテリーもヘタって3時間程度で電源が切れるお古のiPhone5も置くだけで充電されるので、まだまだ現役で日々のアラームとして活躍してくれています。

 

Ads by Google

 

発熱がQiの弱点

さてさて、そんなわけであれからずっーとQiケースと充電器を使ってきたわけですが、今回はEC Technologyから発売中のQi充電器のサンプル品をレビューしてみたいと思います。

私実はQi充電器を新しく買い直そうとしていた頃合いだったんです。

というのもQiの唯一の弱点は充電器が発熱するという点です。充電器も発熱しますし、普通に充電している時のようにデバイス自体も発熱します。

そう。Qiの弱点は熱が発生し、その熱が普通の充電時よりも大きくデバイスへの熱影響がどうしても出てしまうわけです。

勿論最初からQi対応のデバイス、例えばGalaxyとかNexusとかだとQi対応のモデルが幾つかありますが、それらデバイスは熱対策が施されているのである程度許容が出来る仕様になっています。

ただ私のようにQiケースで後付している変態はこの熱を上手く逃してあげる、もっというと熱が発生しにくいQi充電器を使ってあげる事が重要になってきます。

そんなわけで新しく熱の出にくい評判の高いQi充電器を探していたわけですね。そんなベストタイミングにサンプル品を提供して頂いたのでこれはもう是非試してみる他ありません。

というわけで早速見ていきましょう。

EC TechnologyのQi充電器開封!

中身はQi充電器本体とMicroUSBケーブル、そして説明書(日本語あり)です。約2300円(記事執筆段階)で購入することが出来ます。

コチラがQi充電器本体。どうでしょうか?無駄にお洒落ですよねー私のファーストインプレッションは結構薄いな〜でした。

003_20161012_qi

裏側はこんな感じ。裏はアルミで表のピカピカはプラスチック製です。

004_20161012_qi

USBから電源を取れるので早速繋げると赤色LEDが点灯しました。しかしまぁ面取りのラインが美しいですよね〜

005_20161012_qi

私が実際に使ってきたQi充電器(CHOETECH製)を並べてみた様子。CHOETECHの方は現在1600円とEC Technologyよりも安いですが、やっぱりこうして見ると高級感が感じられるのは左ですね。

006_20161012_qi

CHOETECHの方は熱こそ出ますが、特に問題なく使えているので大きな不満はありません。ただEC Technologyの方が熱が少なければ速攻変えようかと思っております。

実はコイルが3個内蔵されている!

早速載せてみました。勿論充電可能です。Qi充電器の中にはコイルが内蔵されていて、このコイルにより電磁誘導または磁界共鳴でワイヤレス充電が可能なのですが、EC TechnologyのQi充電器のポイントとして3個のコイルを内蔵している所です。当然コイルが多くなると安定して充電することが出来ます。

007_20161012_qi

この薄さで3個のコイルを内蔵していて2300円とは凄い時代です。

発熱は明らかに低い!

さて気になる発熱ですが、これまで使ってきたCHOETECH製と比べると明らかですね。わざわざ非接触温度計を用意しなくても良かったレベルで発熱度が違います。Qiなので発熱自体はやはりあります。ただ僅かにほんのりと熱を持っているというレベルだったので、これは良いなと純粋に思いました。

出力も5V/1AとCHOETECH製と同じですし、充電速度もスペック上では大差ないので発熱を抑えてこれまでと変わらない使い方が出来そうです。

弱点は傷つきやすい所!

見た目も美しくスリムで3個のコイル内蔵、しかもQiの弱点の発熱の面でも優れているEC TechnologyのQi充電器。良いポイントだらけでしたが唯一残念なポイントとして傷が付きやすいという点があります。表の鏡面のようなピカピカな表面はやはり使っていく内に細かな傷が付いてくるようです。まだ数回しか使ってませんが既に傷が薄く入っているので使っていくとピカピカな鏡面は確実に失われていきそうですね。まぁ私は別に良いですが、高級感が無くなるのはちょっと残念な方も居るかも。

とは言ってもAmazonの評価も良いですしQi充電器の購入を検討している方はEC TechnologyのQi充電器チェックしてみてはいかがでしょうか!普通にオススメ出来る製品でした^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

                    

Ads by Google

  , , ,