ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

ワンタッチで自転車に固定!2000円以下で手に入るスマホ専用ホルダー

Ads by Google

025_20160917_balckcase-baikeholder

どうも、最近クロスバイクを購入しようかと検討中の私(@こふす)です。というのもバイクが壊れて23歳にして移動手段に制限が掛かっているのです:( マグナ50にしようか迷ってます。

さてさて自転車と言えば最近色んなガジェットが増えていますよね。私も以前乗っていたクロスバイクにGPSロガーとサイクルコンピューター、マグライト2本付けて楽しんでおりましたが、最近だと超音波で後方の車が「あと何秒で通過する」なんて事を教えてくれえるガジェットもあるんだとか。

いや~進化してますな〜

色んなガジェットを揃えて楽しむのも良いですが、1番手っ取り早く自転車をデジタル装飾するならやっぱりスマホですよね。スマホさえ取り付ければGPSロガーからスピードメーター、Map表示まで出来ますし、なんなら音楽まで流せます。というわけで今回は自転車専用のスマホホルダーをレビューしてみたいと思います。

 

Ads by GearBest & Google

 

ワンタッチで取り外し可能なのはナイスかも!

Balckcaseというメーカーさんのサンプル品を見てみましょう〜

早速こちらがパッケージ。価格が1888円(2016/09/17現在)なので低価格な自転車スマホホルダーになるわけですが、パッケージからも安さが滲み出ておりますね。

012_20160917_balckcase-baikeholder

中身がこちら。では1個づつ見ていきましょいっ

013_20160917_balckcase-baikeholder

専用ポーチが付いてきます。Balckcase製は大抵ポーチが付いてきますが、自転車スマホホルダーにポーチは果たして必要なのかどうなのか…。まぁいっか他で使えるしw

014_20160917_balckcase-baikeholder

2パーツで構成されていて、こちらが自転車のハンドル部分と固定するための固定部です。

015_20160917_balckcase-baikeholder

ツマミを回していくとバックルを開閉させることが出来る仕組みです。固定にドライバー等が不要なので直ぐに取付可能です。

016_20160917_balckcase-baikeholder

こんな感じ。バックル部分はハードゴムで覆われているので、特に滑ることは無いです。もし滑る場合はゴムシート等を噛ませるといいかもしれませんね。

017_20160917_balckcase-baikeholder

そしてスマホを固定するホルダーです。付属するゴムはスマホが落ちないように四方に掛けて使います。

018_20160917_balckcase-baikeholder

取り付けるためにはサイドにあるボタンを押すことでこんな風に開きます。

後はスマホを載せて挟んであげればOK。気持強めに挟むとガッチリ固定されます。

019_20160917_balckcase-baikeholder

ホルダーにはゴムクッションがあり、このゴムクッションとスマホ背面を密着させることが重要になります。つまりバンカーリングやケースを装着したままだとずれ落ちる可能性が高くなるのでちょい注意です。

020_20160917_balckcase-baikeholder

ホルダーと固定部はワンタッチで取り付けが出来る仕組みになっています。写真の通りに両方を合わせてはめ込むだけでOK。取り外す時はその逆をすれば取り外し可能です。盗難対策も簡単ですね。(あっ専用ポーチはここで使えばいいのか!)

021_20160917_balckcase-baikeholder

ホルダーと固定部はジョイントがあり、好きな角度で固定可能。

022_20160917_balckcase-baikeholder

実際に取り付けたイメージはこんな感じ。大きすぎず小さすぎずでまぁまぁなサイズ感です。不要な時は直ぐに取り外しが出来るのでサイクリングの時だけ取り付けるなんてことも出来ます。

023_20160917_balckcase-baikeholder

 

手軽に自転車にスマホを取り付けたい方は良いかも!

024_20160917_balckcase-baikeholder

実際に手にしてみた感じだとまずまずなのかなと思います。価格的にも安いので試しに買ってみるのもアリかな。スマホのズレ落ちが不安な方でも固定ゴムがあるのでそこら辺は安心できるかなと思います。是非気になった方はチェックしてみても良いかもしれませんね!

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)