ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

固定が先!スポーツイヤホンなら耳かけフックありを選ぶべし「Omaker Bluetoothスポーツイヤホン」

Ads by Google

015_20160822_omaker-bluetooth

これまで沢山のBluetoothイヤホンをレビューしてきまして、実際に音質チェックをしたり装着感等を記事として紹介してきたわけですが、言っても実使用というと通勤の間ぐらいなものでした。

Bluetoothイヤホンの魅力は何を隠そうコードフリーという点ですよね。勿論通勤・通学にストレスフリーで音楽を聞くために使うのも良いんですが、やっぱりスポーツや運動をしている時こそその魅力を発揮すると思うわけです。

だってイヤホンのコードがぶらぶらした状況で激しい運動なんてしたらそりゃぁストレスばんばん溜まるでしょ。

というわけで昨日よりジョギングを日課にしたので、このイヤホン(*サンプル品)をレビューしておこうと思います。

Omakerから発売されている耳かけフック搭載のBluetoothイヤホンです。約3000円と安いながらもあのM4 Bluetoothスピーカーのメーカーだけあって色々と期待させますが、さてどんなものなんでしょうか!見ていきましょう〜

振動する程低音がナイスなミリタリー系防滴携帯Bluetoothスピーカー「OMAKER M4 Bluetooth」

 

Ads by GearBest & Google

 

装着感。それはスポーツBluetoothイヤホンにおいて超重要!落ちないは正義か

クラフトパッケージに入って登場です。Omakerというガジェット類を扱うメーカーのスポーツBluetoothイヤホンになります。

001_20160821_omaker-bluetooth

オープン!Omakerらしいですね。

002_20160821_omaker-bluetooth

内容物はBluetoothイヤホン本体に説明書、MicroUSBケーブルにイヤーピースの4点です。では早速1個ずつ見ていきましょう。

003_20160821_omaker-bluetooth

イヤーピースは2サイズ付属してきます。黄色色がアクセントになってますね。最近のBluetoothイヤホンだと4サイズが定番なので若干コスト抑えられてますね。コード調整用のバックルが付いてきます。

004_20160821_omaker-bluetooth

MicroUSBケーブルも付いてきます。

005_20160821_omaker-bluetooth

そして本体がこちらです。黄色と黒のカッコイイデザインなのがまず特徴的ですね。Omakerのロゴが入っていて、丸い電源ボタンが見えます。

006_20160821_omaker-bluetooth

手にした感じ。重量は測ってみたところ21g(実測値)と最近のBluetoothイヤホンの中では重めの重量です。耳かけフックが付いているのでその分重量が増しているようですね。

007_20160821_omaker-bluetooth

耳かけフックの部分はこんな感じになっています。操作可能なスイッチは丸い電源ボタン以外に右側にプラスとマイナスのボタンが付いているだけです。案外シンプルな操作で使えます。

008_20160821_omaker-bluetooth

耳かけフックはシリコンのような素材でグネグネ曲がります。耳へのフィットがし易い様に作られているようですね。

009_20160821_omaker-bluetooth

右側にMicroUSBポートがあります。ポートはカバーで覆われていて、本体はIPX6の防汗防水能力を持っています。雨や汗程度では水分が中に侵入することは無さそう。

010_20160821_omaker-bluetooth

コードは嬉しいことにきしめん型。きしめん型になることで首に掛ける時にフィットしやすいのでこれは意外と嬉しい配慮ですね。

011_20160821_omaker-bluetooth

コード長調整用のバックルが付属してきます。デフォルトのコード長は長いのでこれで調整してピッタリのサイズにしておくと良いです。

012_20160821_omaker-bluetooth

ペアリングは非常に簡単。電源ボタンを長押すれば自動的にペアリングモードになります。

013_20160821_omaker-bluetooth

そして後で知って1番驚いたのがマルチポイントに対応しているという事です。この価格帯だとまぁ見ないマルチポイントですが、対応していると2つの機器と接続させて待機可能なのでPCで音楽を聞いた後に、スマホで動画を見るなんて時にBluetoothの接続切り替えが不要になります。複数の機器で接続させる方は超絶嬉しいかと。マルチポイントとマルチペアリングの違い(ELECOM)

016_20160822_omaker-bluetooth

音質はどんな感じ??

イヤホン製品のレビューの時は毎回恒例の音質チェックを行っているんですが、今回はあくまでもスポーツに特化したBluetoothイヤホンということで毎回の様な数値化した表は使わずに評価していきます。

014_20160821_omaker-bluetooth

さあ気になる音質ですが、残念ながら期待は出来ません。勿論エイジングで変わるでしょうが、まず圧倒的に解像度が足りないですし、構造上こもった音が鳴ります。なので高域、中域、低域と全てにおいてバランスが取れていないです。まぁ聞くに堪えないというわけではなく、これはスポーツイヤホンならではなのかなと思いますね。高価なスポーツイヤホンだとそんなことは無いでしょうが、約3000円という価格帯であればまぁ妥当かなと思いました。

スポーツをしているわけなのでこのレベルの音質で特に不自由はしないと思いますし、それよりもこの製品は音質は二の次で装着感だと思うのでこの評価でも問題ないという印象ですね。Amazonで音質が良いと評価されている方がちらほら居ますが、純粋な音質評価だと決してそんなことは無いので期待はNGです。

良いと思った。多分ジョギングで使うはず

個人的にはこれから日課のジョギングで活躍してくれそうなのでまずまずの評価です。トータルの印象としては、ガシガシ使っていけるスポーツ時のBluetoothイヤホンかなという感じです。手頃な価格で装着感が期待できるBluetoothイヤホンを探している方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!あと巷で話題のポケモンGoとかでも使えそうですね。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)