ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

OMAKERのLEDデスクライトはUSBポート搭載・5段階調光調温可能・広い可動域で超おすすめ

Ads by Google

017_20160523_omaker-led-table-lamp

日が落ちてからのデスク作業で必要になるものといえばそう、デスクライトです。

これまでデスクライトなんてあれば良いでしょ程度にしか考えていなかった私ですが、長年使ってきたクリップライトが壊れてしまった事からLEDクリップライトを購入してみたり、また良い製品が無いかと色々と探しておりました。

関連記事約2200円で揃う!YAZAWAのクリップライトとLED電球でデスクのライトアップを施してみよう

通販ショップ等でも探せば結構色んなメーカーやらタイプやらがあるんですが、良いなと思うデザインはやはり高い。普通に数万円なんていう価格で販売されていて、5000円未満で欲しかった私としては中々手が出せずに居ました。

そんな所にガジェットメーカーのOMAKERさんからナイスタイミングで新製品のLEDデスクライトのサンプル品を送って頂きまして、約1ヶ月程試用しているんですがコレがまぁ良くできた製品なんですよ。

というわけで今回は今私がオススメしたいOMAKERのLEDデスクライトをレビューしてみます。

 

Ads by GearBest & Google

 

USBポート搭載しながらも広可動域なアーム。そして5段階調光の至れり尽くせり!

個人的に応援しているOMAKERさんですが、最近ではANKERさんに次ぐガジェットメーカーとして認知されてきましたよね。まぁOMAKERさんの製品は良く出来てますからね。

001_20160522_omaker-led-table-lamp

中身はコチラ。簡単な組み立て式で開封後5分もあれば直ぐに使うことができます。

002_20160522_omaker-led-table-lamp

コチラの重たい板はデスクライトの台座です。しっかりと重量がありアームを支えることが出来ます。

003_20160522_omaker-led-table-lamp

そしてもう1つのパーツがLEDライト本体。見た感じ結構スリムな仕様で、重量も軽いです。

004_20160522_omaker-led-table-lamp

使う時は開いて、物置にしまう時は先程の写真の様に折りたたむことが出来ます。

005_20160522_omaker-led-table-lamp

LEDの発光部はこんな感じ。スマホより若干厚いかな?というサイズですが、かなり優れた機能を持っていて、なんと調光と調温が出来ます。調光は12W、8.5W、6.5W、4.5W、2Wで調整可能で、調温は5500k、4500k、3800k、3400k、2900kで好きなように調整が出来ます。勿論調光と調温の組み合わせもOK。

006_20160522_omaker-led-table-lamp

電源と調光、調温をコントロールすることが出来るのがここ。タッチセンサー式になっているので、操作したいアイコンを軽くタッチするだけでコントロール出来ます。

007_20160522_omaker-led-table-lamp

ACアダプター駆動で、アダプターは残念ながら大っきいやつ。

008_20160522_omaker-led-table-lamp

組み立て

組み立ては超簡単で、付属してくるピンを使います。

009_20160522_omaker-led-table-lamp

LEDライトの下にネジがあるため、まずはコレを取り外しちゃいます。

010_20160522_omaker-led-table-lamp

ネジを外した状態で台座の穴にはめ込み、

011_20160522_omaker-led-table-lamp

取り外したネジを台座の下側から取り付けます。マイナスドライバー等が無い方は付属してくるピンで回せばOK。ただ高確率でピンが捻じれるのでピンは1回きりの使用になります。

012_20160522_omaker-led-table-lamp

裏側にACアダプターの端子を接続する端子があり、そしてその上にUSBポートがあります。5v/1A仕様なので急速充電などは出来ませんが、スマホ等の充電には持って来いですよね。ちなみに私はUSB扇風機を差し込んで使用していますが、すこぶる良好です。

013_20160522_omaker-led-table-lamp

実際にデスクに置いてみるとこんな感じ

早速デスクに置いてみました。普段はデスクの上(天井付近)にある白色LEDクリップライトを点けて作業していますが、若干暗く光量不足で目が参っていました。

014_20160522_omaker-led-table-lamp

28インチのモニターの背丈と丁度の高さがあり、作業の邪魔になることもなし。

015_20160522_omaker-led-table-lamp

コントローラー部分の具体的な使用方法はまず真ん中の電源ボタンに触れ、そして上のコーヒーのアイコンとノートとペンのアイコンで調温します。色温度はコーヒーのアイコン側が高くなります。

下のプラスとマイナスのアイコンで調光すれば何時でも好きな光り具合の出来上がり。ちなみに電源をOFFにして再度ONにした時は、最後に選んだ調温と調光になります。

016_20160522_omaker-led-table-lamp

1番高い色温度(5500k)での最小輝度と最大輝度

018_20160523_omaker-led-table-lamp

5500k / 2W

019_20160523_omaker-led-table-lamp

5500k / 12W

1番低い色温度(2900k)での最小輝度と最大輝度

020_20160523_omaker-led-table-lamp

2900k / 2W

021_20160523_omaker-led-table-lamp

2900k / 12W

アームの角度は自由度高し!

アームの角度ですが2通りの角度の付け方が可能で、まず1番下側に角度を付けるとこんな感じです。

022_20160523_omaker-led-table-lamp

そして1番上に角度を付けるとこんな感じ。約30度角度が付けられるとのこと。ちなみに角度はストッパーで支えられていますが、途中の角度でも一応ストップさせることは可能。ただ若干不安定さは残ります。

023_20160523_omaker-led-table-lamp

ライト部分の付け根は90度角度が付けられます。

024_20160523_omaker-led-table-lamp

こんな風に使う人は居ないでしょうがww、一応反対側まで回転可能です。

025_20160523_omaker-led-table-lamp

更に首振りも可能。こうなると位置を動かさずともアームの動きだけで柔軟に照らすことが可能ですよね。

026_20160523_omaker-led-table-lamp

ちょっと残念な点は台座の指紋とホコリ

実際に使ってみると感じるんですが、台座がメタリック仕様なので指紋やホコリが結構目立ちます。綺麗好きな方はこまめに拭いたり、また極力触らない様にしないと嫌かもしれないですね。

027_20160523_omaker-led-table-lamp

 

これで価格は5000円未満ッ買いでしょ!!

最後の台座に指紋が付きやすいという点さえ除けば、後はパーフェクトと言っても過言ではないぐらい良い製品でした。これで5000円でお釣り来る価格で販売されていますからね。ホントこのLEDデスクライトおすすめです。

調温と調光が出来て、USB電源も引っ張れてしかもお手頃価格のデスクライトを探している方はOMAKERおすすめです。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)