ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

銀メッキOFCシールド構成のFiio L17ポタアン用L字型AUXケーブルでより原音へ

Ads by Google

001_20160321_fiio-l17

良い音を聞くためにはまぁ色んな物を揃える必要があり、そして金が要ります。私は昔から音楽は出来るだけ良い音で楽しみたいという性分なので、いつかは良いスピーカーとアンプと音源と環境を揃えて誰にも邪魔されないリスニングをしたいという目標を持っています。

ただ、さらっと書いた「良いスピーカーとアンプと音源と環境を揃えて誰にも邪魔されないリスニングをしたい」というささやかな目標ですが、実際にこれを実現するとなるとまぁ大変。

取り敢えず経済的な問題にぶつかります。そんなわけで中々突っ走れなかった音響街道ですが、この度ほんの1cm程目標に近づけたのでそのアイテムをレビューしてみたいと思います。

FiioのL17にピンッと来た方は是非ご覧くださいな。

 

Ads by Google

 

というわけでAmazonにて購入したのがこちら。FiioブランドのL17というAUXケーブルです。Fiioと言えば最近波に乗っている音響機器ブランドですよね。

002_20160321_fiio-l17

AUXケーブルと言ってもこんなにも短い奴。主にポータブルアンプとスマホ等を接続するために用いるタイプになります。たったこれだけなのに定価約4500円(Amazonだと約2400円)という価格なので、私の様な貧乏さんがはまぁ手が出しにくいです。

003_20160321_fiio-l17

プラグは安定の金メッキ。持ち手部分は銀メッキで仕上げられていて、案外ずっしりと重量があります。

004_20160321_fiio-l17

約10cmぐらいですかね。まぁこれぐらいの長さがあれば丁度ポタアンのインプットとプレイヤーのアウトプットが接続できると思います。

005_20160321_fiio-l17

完全に差し込んだとしても約1cm程飛び出ますね。

006_20160321_fiio-l17

太さは結構あります。ちなみに中心導体はPCOCC-A仕様の高品質なケーブルになっています。

007_20160321_fiio-l17

そのままの形で繋げるとこんな感じ。卓上で使う時はこれで問題無いですね。

008_20160321_fiio-l17

プレイヤーとポタアンをバンドでまとめる場合でも問題なく使えます。ケーブル自体は思っているよりも若干柔らかく、バンドをせずとも浮くことはありません。結構自由です。

009_20160321_fiio-l17

音変わる?

まぁケーブルだけで劇的に音が変わるということはまぁありません。計測でもすれば違いが目に見えることは間違いないでしょうが、ガッツリ音が良くなったということは無かったです。

ただ解像度が気持上がったかな?というのと、音のメリハリ(特に低域と高域)、そして耳に刺さりにくくなったかなというのはありました。環境にもよるでしょうがある程度違いは感じられるようです。

レビュー評価でもかなり高いFiioのL17なので、恐らく後悔することはないでしょう。より原音に近づいた良い音を楽しみたいという方は手に取っても良いんじゃないでしょうか!

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)