ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

小型サイズでカナル型苦手な方にもオススメできるお手軽イヤホン「JBM MJ A8」

Ads by Google

020_20160223_jbm-mj-a8

イヤホンと言えば最近では専らカナル型のタイプが主流になりましたよね。私もカナル型が流行りだした初期の頃から遮音性に惹かれ、長いことカナル型のイヤホンを使っています。

ただ皆が皆カナル型が好きか?というと実はそんなことも無いのが現実で、中には耳が痛くなるという方や、着用感がどうしても慣れない、またカナル型特有の耳の中が真空に似た状況になるのが気持ち悪いという方も多いです。あと耳抜きが出来ない方も苦手な方が多いですよね。

今回レビューするのはカナル型イヤホンでもサイズがかなり小さめのタイプで、カナル型が苦手という方でも無理なく装着できるという特徴を持っている香港発の「JBM MJ A8」という製品。

カナル型デビューにもピッタリですし、何気にデザインが可愛いというのも大きな特徴です。

というわけで早速見ていきましょう。

 

Ads by Google

 

カナル型イヤホンの中でも小型サイズで可愛いデザイン「JBM MJ A8」

今回はAmazonショップの「PenHua」さんから提供して頂いたJBM MJ A8をレビューしていきます。

のっけから面白いな〜と思ったのがまさかの缶パケというユニークな特徴。

001_20160223_jbm-mj-a8

この薄〜い缶にイヤホンが入っているなんて面白いですよね。

002_20160223_jbm-mj-a8

JBM MJというブランドです。

003_20160223_jbm-mj-a8

香港発だそうで、調べる限り日本ではあまり知られていないブランドだそうですね。ただ最近の中華系音響機器はかなり攻めているので結構期待しています。

関連記事リケーブル対応4000円ハイコスパ低域イヤホン「S530」は価格以上の音質!

004_20160223_jbm-mj-a8

缶の蓋を開けると早速イヤホンがお出迎えです。おぉぉシンプルにまとまってますな。

005_20160223_jbm-mj-a8

多分これまで開封してきたどのイヤホンよりも開封時の期待感を煽る良い梱包の仕方ですね。かっこいい!

006_20160223_jbm-mj-a8

中華系イヤホンでよく見るポーチから飛び出ているスタイルで登場。

007_20160223_jbm-mj-a8

同梱物はA8本体と、専用ポーチ、そしてイヤーピースです。

008_20160223_jbm-mj-a8

イヤーピースはSとMとLは付属してきます。

009_20160223_jbm-mj-a8

そして個人的に嬉しいコードクリップも付属します。シュア掛けが嫌いな私の様な人には擦れる音を無くすためにもこのクリップは重要ですね。

010_20160223_jbm-mj-a8

付属してくる専用のポーチは合皮製で「J」のマークが刻印された結構しっかりしたもので、中々の出来です。

011_20160223_jbm-mj-a8

最近のイヤホンは格安価格帯でも専用ポーチ付属が当たり前の風潮になっていますが、まぁ実際は使い難い物も多かったりします。ただこのポーチは片手で口が開けるため使い勝手は良さそう。攻めてますねJBM。

012_20160223_jbm-mj-a8

そして本体がこちら。今回紹介しているA8にはカラバリが5種類あり、私はゴールドを選択。女子向けから男性向けまでカラバリ豊富に揃っています。

013_20160223_jbm-mj-a8

カラバリで変わるのはイヤホンジャックの持ち手部分と、分岐部、そしてイヤホン筐体の部分になります。

014_20160223_jbm-mj-a8

ジャックは4極端子。スマホなどに差し込むことでコントローラーを用いて操作をすることが出来ます。コントローラーにはマイク穴とボタンが1つあり、ボタンを押す回数で操作内容が変わります。

015_20160223_jbm-mj-a8

イヤホン筐体部分はこんな感じ。ファーストインプレッションとしてはかなり小型サイズだなと思いました。この写真だけだとわかりづらいですが、

016_20160223_jbm-mj-a8

こうして対象物を置くとどれだけ小型なのかが分かるかと思います。ちなみに手前のイヤホンはCKS1000。CKS1000はデュアルチャンバー搭載なためサイズとしては大きい部類になりますが、それでもA8は小ささが際立ちますね。関連記事音が踊るイヤホン!圧倒的解像度のSOLID BASSハイエンドモデルATH-CKS1000

017_20160223_jbm-mj-a8

イヤーピースを取り外すと純粋な筐体のサイズになりますが、こうしてみると本当に小さいサイズなんだなということがわかります。あとデザインが美しいというか、サイズ感も相成って可愛いですよね。

018_20160223_jbm-mj-a8

 

A8の音は果たして良いのか!?

イヤホンレビューの最後はお決まりの音質チェックです。

エイジング無しでこれまたお決まりの評価音源を用いて個人的な評価をしてみました。

019_20160223_jbm-mj-a8

JBM MJ A8の音質評価

018_20160223_jbm-mj-a8
  • 高域     :
  • 中域     :
  • 低域     :
  • バランス   :
  • 解像度    :
  • 細部の表現力 :
  • 空間の表現力 :
  • デザイン   :

 

JBM MJ A8の総合評価:(19/40)

感想

 

高域と低域が強いイヤホンだなというのが第一印象です。

小さい筐体にも関わらず、低域はよく出ているなと評価しつつも、やはり中低域から高域までが弱いため、低域と高域が際立って聞こえる音が主になります。
高域がまぁまぁ出ているので、あと中域だけが物足りない惜しいイヤホンですね。
 
ただこのサイズと価格で考えれば普通にコスパは高いのは間違いないかと。
 
サイズがかなり小さいので、カナル型イヤホンが苦手という方でも、無理なく着用できるのではと思いますし、実際着用感はかなりフラットでカナル型特有の着用疲れも起きにくいのかなと感じました。あとカラバリも豊富で可愛いデザインなので、女子ウケも良いかもしれないですね。
 
何気にスマホ(特にiPhone)との相性が良くて、コントローラーのボタンでSiriなども呼べたりするので外出用に気軽にリスニングするイヤホンとしてもオススメかも!

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)