ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

手のひらサイズで100ルーメンのThorFire PF01!約20年使えるCree社製XP-E2 LEDチップ搭載

Ads by Google

15_20160201_thorfire-maglight

どうも、2016年がもうひと月が過ぎたことに驚くしか無い私(@こふす)です。これがいわゆる大人の時間感覚なのか…

さてさて、皆さんライトはお持ちでしょうか。最近はスマホのLEDアプリなどで簡易的に代用することも多くなりましたが、一家に一台は何かしら懐中電灯などがあるかと思います。

今回は懐中電灯の中でもハードに使えて明るく照らせるFBIでも用いられている通称マグライトを紹介したいと思います。

*マグライトはマグライト社のブランド名ですが、一般名称としても広く使われることもあります。

ThorFire(ソーファイア)という有名メーカーから販売されているPF01という製品で、手のひらに乗るサイズにもかかわらず100ルーメンというスペックです。

では早速見ていきましょう!

 

Ads by Google

 

この質感!そしてサイズ!男ならうっとりすること間違いなし!

基本ライトとかLEDとか好きな人間なんですが、わざわざ購入までして手に入れようとは思わなかった私ですが、ありがたいことに今回紹介するThorFire PF01を扱うAmazonショップのEachineDirectJPさんよりサンプル品を提供して頂きました。

01_20160201_thorfire-maglight

こういったライト系で言えばジェントスとかには憧れた事がありますが、ThorFire(ソーファイア)は正直初めて知ったメーカーです。一体どんな製品なんですかね。wktkです。

02_20160201_thorfire-maglight

内包物はこちら。まずPF01本体と説明書、そして袋にパッキンが2つ入っていました。このパッキンは電池蓋に既に付いている交換用だそうです。

03_20160201_thorfire-maglight

PF01本体を早速見てみましょう。ホォォォ〜イイね〜

04_20160201_thorfire-maglight

ThorFireは様々なマグライト等のライト製品を販売していますが、今回レビューしているPF01は手のひらサイズで手軽に使えることを目的とした製品になります。なのでペンの様にクリップが付いています。

05_20160201_thorfire-maglight

こういったマグライト等は基本防水で多少乱暴に使っても壊れないようになっています。なのでスイッチ類も水が入りにくい様に(PF01はIPX7防水)ゴムで覆われたプッシュスイッチが使われていますね。ちなみにPF01は光量調節が可能で、このプッシュスイッチを軽く素早く押すことで低モード/中モード/高モード切り替えが出来ます。

06_20160201_thorfire-maglight

 

PF01詳細スペック

LEDチップ Cree社製 XP-E2(R3) チップ寿命約20年
筐体素材 航空用アルミニウム合金
重量 33g
電池 単4電池(1本)
防水レベル IPX7防水
光量調整 3段階(低モード / 中モード / 高モード)
使用時間 高モードで約2時間 / 低モードで約240時間

 

筐体の素材は航空用のアルミニウム合金でかなりタフに使っても恐らく大丈夫。全体的なデザインはかなりゴツゴツでゴテゴテですね。完全に男の子向けです。

07_20160201_thorfire-maglight

LEDチップは超有名ブランドCree社製のEP-E2(R3)で、このサイズで100ルーメンの光を放ちます。このレベルになると例えLEDでも目に当てると危険なので、扱い自体も気をつける必要があります。

08_20160201_thorfire-maglight

先端はちょっと特殊な形状で、波状になっています。カッコイイね!

09_20160201_thorfire-maglight

マグライトなどの本格的なライト製品を使う上でたまに困るのが電池が特殊なサイズだったりすることですが、PF01は気軽に使う事を想定しているため、単4電池で光ります。しかも1本という優しさです。

10_20160201_thorfire-maglight

電池蓋のネジ切り上にはゴムパッキンがしっかりあります。

その辺に転がっていた単4電池を入れてみましたが、驚きですね。ここまで明るく光ってくれます。

11_20160201_thorfire-maglight

部屋の明かりを全て消して完全に真っ暗にした状態でフラッシュ無し撮影をした様子。PF01の100ルーメンの明るさがどれだけ凄いのかが分かるかと。

12_20160201_thorfire-maglight

中央が1番明るくて、徐々に広がるにつれ暗くなるレフレクターが搭載されているようです。マグライトの中には全体を均一に照らすタイプもありますが、PF01は一点集中型のタイプのようですね。

13_20160201_thorfire-maglight

本当はやっちゃダメなんですが、カメラに光を向けて撮影してみました。多少絞りこそ甘かったですがそれでも絞った上でこの光量なのでかなり強い光線かと。PF01の底力を見た気がします。

14_20160201_thorfire-maglight

やっても絶対にファインダーを覗かないようにして下さいね!

 

1個持ってかばんにでも入れておくと何時か役立つよきっと!

初めてThorFireの製品を使ってみましたが、まぁ満足です。100ルーメンって思っている以上に明るくて必要十分な明るさだなと感じましたね。

16_20160201_thorfire-maglight

ちなみにマグライトなどの本格派ライト製品の中には1000ルーメンという化物級も販売されていますが、勿論価格も化けてきます。その分PF01は必要十分な明るさで価格も2000円前後で購入できるため1個持っておいて損はないかなと思いました。

災害時には光があるかないかで大きく動きが変わりますからね。是非災害時のアイテムの一つとして持っておくのも良いのではないでしょうか!

 

*追記:今回紹介したThorFireのPF01ですが、人気のためか現在Amazonで売り切れだそうです。1つランク上のPF02は下記リンクからチェックできます。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)