ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

最大9台までペアリング登録可能なスマホに似合う手のひらサイズミニキーボード「TK-FBP043」

Ads by Google

28_20151208_tk-fbp043

どうも、今年も残りもう僅かという事で色々と振り返りをしています私(@こふす)です。皆さんは今年1年どんな年だったでしょうか!

さてさて、PC大好き人間にとって欠かすことの出来ないインターフェイスといえば、マウスとキーボードですよね。degitekunote2ではこれまで様々なマウスを紹介してきましたが、実はキーボードのレビューというのは私の記憶が正しければ実は1回もしたことがありません。

勿論所有しているPCはノートPC以外にもあるので一応これまでキーボードを幾つか購入してきたわけですが、今回は中でも面白いスマホに似合うミニキーボードを購入したので是非レビューしたいと思います。

スマホ専用やモバイル専用のキーボードが欲しかった方は是非ご覧あそばせ〜

 

Ads by Google

 

最大9台!液晶付きの贅沢パンタグラフミニキーボード

というわけで購入したのがこちら。ELECOMさんから2、3年前に発売されていたTK-FBP043というミニキーボード。

01_20151208_tk-fbp043

定価は4580円でモバイル向けの位置づけキーボードにしては高い価格ですが、セールで約3000円で投げ売りされていたので早速コジマにて購入しました。

02_20151208_tk-fbp043

ただ驚くことにレジに持っていき店員のお姉さんがバーコードを読むやいなや「あっ丁度この製品安くなっていますね〜1421円になります」と言い、まさかの定価の3分の1の価格になり一瞬ガチ声で「あぇえ?」と言う謎の時間が流れたのがいい思い出です。

コジマ攻めてますね(笑)

03_20151208_tk-fbp043

さて何故TK-FBP043を購入したかですが、このウリ文句に惹かれてしまったからです。そうです。なんとこのキーボード9台ものデバイスとペアリング登録することが出来ます。

04_20151208_tk-fbp043

そしてなんとUSBケーブルで繋ぐことが出来るという凄い奴。見るやいなや直ぐに手に取っていました。ガジェット好きにはたまらない至れり尽くせり製品なんですよね。

05_20151208_tk-fbp043

一応スペックをどうぞ。

06_20151208_tk-fbp043

では開けていきます〜

07_20151208_tk-fbp043

内包物はTK-FBP043本体とユーザーマニュアル、単4電池2本。既にもうキーボードのサイズが小さいですよね。

08_20151208_tk-fbp043

ではファーストインプレッション。

09_20151208_tk-fbp043

なるほど〜

10_20151208_tk-fbp043

キーはパンタグラフ特徴の面取りタイプですね。勿論キー構造もパンタグラフです。ただ今流行のフラット式ではありません。

11_20151208_tk-fbp043

もうちょい近くで見てみましょう。キーは安っぽくもなく、高級感もない価格に見合った質感。キーストローク2mmとしっかりありますが、キーピッチはなんと15.6mmとかなり狭いです。

12_20151208_tk-fbp043

それもそのはず、キー数は83というフル配備になっているにも関わらずサイズがiPhone5よりも縦が小さいサイズなのでかなりギュウギュウに詰められています。

13_20151208_tk-fbp043

こうするとかなり小さい事がわかりますよね。まぁ持ち運びには持って来いです。

14_20151208_tk-fbp043

上のキーボードは昔から使っているELECOM製で先日お亡くなりになったTK-FDP021です。TK-FDP021もサイズ的には小さい方ですが、それよりも更に一回り小さいです。

15_20151208_tk-fbp043

横から見た様子。意外と傾斜が付いているのがわかります。そしてTK-FBP043の目玉機能でもあるUSB接続端子が搭載されています。

16_20151208_tk-fbp043

ここにミニUSBケーブルを差し込めばBluetooth未搭載デバイスでもキータッチが可能になります。これは素晴らしい機能ですね!

27_20151208_tk-fbp043

よくぞELECOMミニUSB端子を付けてくれた!

電池式で単4電池が2本必要です。

17_20151208_tk-fbp043

裏側に電池ボックスなどがあり、スイッチなどもまとまっています。

18_20151208_tk-fbp043

ちょっと関心したのが足が二段式でさらに傾斜を付けることが出来る構造になっている点です。あとスイッチもきちんとONとOFFが出来るタイプですね。流石ELECOMですな。間違ってもふにゃふにゃ押しボタンなんていう事はしません。

19_20151208_tk-fbp043

スイッチを入れると早速右上にあるモノクロディスプレイが点きました。このディスプレイで9台の登録を管理したり、電池の残量等、さらにキー入力のバリエーション(Windows用/Mac用/iPad用)の切り替えなどもこちらで確認できます。

20_20151208_tk-fbp043

ペアリングの仕方は至って簡単。本体裏側のCONNECTスイッチを押して、

21_20151208_tk-fbp043

ファンクションキー(F1〜F9いずれか)を押すと、

22_20151208_tk-fbp043

このように数字が表示され、点滅し出します。

23_20151208_tk-fbp043

後はスマホなどのBluetooth接続ができるデバイスでペアリングしてあげるだけです。

24_20151208_tk-fbp043

これだけで簡単に文字打ちが出来ます。いや〜便利になりましたよね。

25_20151208_tk-fbp043

最大の醍醐味9台ペアリング登録も勿論可能です。ちなみにペアリング中でも簡単に切り替えることが出来て、キー操作だけでペアリングまで完了できます。もうちょっと大きなサイズなら万能なキーボードになってたかもしれませんね!

26_20151208_tk-fbp043

ただ残念ながらキータッチに関しては結構厳しいです。まぁスマホや外出中の使用であれば全く問題無いですが、通常使用となると流石にタッチミスが目立ってきます。一応私手自体は小さいサイズですが、それでも厳しいので女性の方も難しいかな。ただ一時的な利用なら全く問題なしです。

28_20151208_tk-fbp043

 

TK-FBP043かばんに入れてれば文字入力に心配なし!

急に小一時間時間が空いたなんて日常生活でよくあることで、サラリーマン等は資料作り、ブロガーなどは記事づくりに充てる時間として使うことが出来るわけですが、こんな時にTK-FBP043の様なミニキーボードがあれば一気に文字入力環境が揃い最高かなと思いました。

やっぱりキーボードありなしとでは大きく変わりますからね。

だって文字入力のし易さはフルキーボード>ミニキーボード>タッチ操作の順ですから、よく日常的にスマホなどのモバイルデバイスで文字入力をするという場合は、是非TK-FBP043の様なミニキーボードを持っていると良いかもしれません。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)