ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

【知得術】Googleドライブでファイルを削除しても一向に容量が回復しない時の対処法

Ads by Google

001_20150117_gdrive-drivesize

どうも、今年2015年のブログ目標『毎日1記事更新』を半月突破した私(@こふす)です。

さて皆さんクラウドってますか?

Google Driveをお使いの方でファイルを削除しても容量が一向に回復せず困っているという方結構いるんじゃないでしょうか。今回は簡単にその悩みを解消してみましょう!

Ads by Google

ゴミ箱が鍵なのさ

Googleアカウントを取得すると誰でも無料で15GBのクラウド領域を利用することが出来ます。その容量を使用してクラウドドライブのGoogle Driveを活用できるわけですが、お世辞にも十分な容量とは言えません。

よく使う方は私のように直ぐに容量の限界になることも珍しくありません。

002_20150117_gdrive-drivesize

14.95GBwwwww

有料版にアップグレードすることで簡単に容量を追加できますが、無料で使いたいユーザーにとってはファイルの断捨離が必須になってきます。

Google DriveはPC上のリアルなドライブ領域と同期を取る「バックアップ式」になっているため、ファイルの断捨離は普通にPC上で行なう作業と変わりありませんが、

004_20150117_gdrive-drivesize

私も頑張って8.79GBまで減らしましたぞ!

実はこれだけでは容量は回復されません。Google Driveでは削除したファイルは一度ゴミ箱に移動される仕組みになっているわけです。

WEB版のGoogle Driveページでは何処に容量を使用しているか確認が可能だ

WEB版のGoogle Driveページでは何処に容量を使用しているか確認が可能だ

ゴミ箱の中身を削除して初めて容量が回復するので、早速ゴミ箱を削除していきましょう。まずはWEB版のGoogle Driveにアクセスし、ゴミ箱をクリックします。

005_20150117_gdrive-drivesize

続けてゴミ箱タブを開き「ゴミ箱を空にする」をクリックします。

007_20150117_gdrive-drivesize

本当に空にするか聞いてくるので「ゴミ箱を空にする」でOK

008_20150117_gdrive-drivesize

たまにスクリプトの応答がなく警告が表示されることがありますが「スクリプトを停止」でOK。正常にゴミ箱を空に出来なかったら再度同じ手順を行います。

009_20150117_gdrive-drivesize

空になったら完了。

010_20150117_gdrive-drivesize

確認するとPC上のフォルダ容量と一緒になっています。これでGoogle Driveの容量回復は完了です。

011_20150117_gdrive-drivesize

1分もあればゴミ箱を空にできるので、月一で空にする習慣を付けると良いかもしれませんね。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)