ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

なんで制限速度以上のスピードを出せるようにしているのか

Ads by Google

01_20141210_why-speed

自動車ないし公道を走行できる免許を持つ者に聞けば100%必ず知っている事。それは「制限速度を超えてはイケない」という決まり。
当たり前のことだが、公道を走るには道々に決められた制限速度というのを守りながら走行しなければならない。道路交通法で定められており、破れば警察の厄介になる。そんなこと免許を持っていない小学生でも知っているだろう。「赤信号は止まり、青信号になったら進む」それぐらいの常識だ。

Ads by Google

 

では「制限速度を超えてはイケない」という常識的、法律的な決まりを知って公道を走行している皆さんにあえて聞こう。制限速度を1回もオーバーしたことがありませんか?。恐らくそんな人日本中で十本の指に入るぐらいの数しかいないでしょう。殆どの方がどこかの道で、制限速度をオーバーして走行したことがあるはず。ただ、運良く警察の目から逃れられただけ。

人は走行している時またはする前、色々な環境にさらされます。時には速度オーバーしてまで目的地まで焦って走らせることもあるだろう。でもそれは道交法定められている通り危険行為でダメなこと。
私は思うわけです。自動車しかりバイク然り、何故制限速度を超えて走るようにできているのかと。今の時代よっぽどのクラシックカーに載っていない限り殆どコンピュータが中で色々制御しているわけです。だったらGPSとかと連携して今走っている道の制限速度を超えられないように中で制御するぐらいやろうと思えば可能なわけです。そしたらそもそも制限速度を超えたスピードを出せないわけですから諦めが付くし、危険な運転もなくなるはず。警察を配備するよりもずっと事故発生率が下がるでしょう。
なんでコレをしないのか、全く意味がわからないです。

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)