ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

[知得術]全バージョンのMicrosoft Office Wordで使えるダミーテキスト生成コマンド

Ads by Google

01_20140727_officeword-dummytext-command

最近iPhoneでタイムラプスムービーを撮ることにハマっている私(@こふす)です。

今回は全バージョンで有効なMicrosoft Office Wordで使えるあまり知られていないダミーテキスト生成コマンドを紹介したいと思います。知ってるとひょんな時に役立つかもしれないですよ!

 

Ads by Google

 

ロレム:lorem()

02_20140727_officeword-dummytext-command

ダミーテキストの中ではかなり有名だよね。読み方はロレム。

出版業界やデザイン分野では有名なloremから始まる英字のダミーテキストを生成するコマンド。

=lorem()

上記コードを入力しEnterするとloremから始まる英字のダミーテキストが生成されます。

このコマンドには引数を持たせることが出来、例えば

=lorem(10)

とすると10行分のloremから始まる英字のダミーテキストを生成することが出来ます。
ちなみに生成されるダミーテキストはこんな感じ。

03_20140727_officeword-dummytext-command

 

Microsoft版のダミーテキスト:rand()

05_20140727_officeword-dummytext-command

こちらはMicrosoft版のダミーテキスト。利用環境の言語で生成されます。

=rand()

上記コードを入力しEnterするとOSで利用している言語のダミーテキストが生成されます。
ロレムコマンド同様「=rand(x,y)」このような形で引数を持たせることが出来ます。
xは行の数、yがパラグラフの数に当たります。例えば

=rand(3,4)

とするとパラグラフ4の文章を3行生成することが出来ます。 ちなみにダミーテキストはこんな感じ。

04_20140727_officeword-dummytext-command

Word2013だと画像の通りのテキストが生成されます。

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)