ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

Amazonでの評価&価格が最強の4段式三脚『ハクバ-W312』がやってきた!

Ads by Google

01_20140610_w312

最近まで『絞り』と『シャッタースピード』を感覚的にしか知らなかった私(@こふす)です。まぁでも感覚的にしか知らないのでそれはそれは結構自由にカシャカシャと撮れて楽しかったんですけどね。

さてさて、今回は初めて三脚というのを購入してみました。しかもAmazonにて高評化かつ超お手頃な価格の三脚です。折角なのでっ写真多めにレビューしてみます。

Ads by Google

ハクバの4段三脚『W312』が凄いらしい

まぁ何をもって三脚を選ぶかはその人それぞれでこだわる方は拘るのでしょうが、私は今回が初めての三脚だったので価格的にお手頃なやつをとAmazonで探していまして、この『W312』という三脚と出会いました。ページを開くなりその価格にびっくり。¥2000ぐらいだったらいいかなと思っていたんですがなんと約¥1200。しかも定価は¥7200と86%もOFF。これだけ安くてお手頃なのに評価がかなり高いと文句のつけようがないというわけで早速購入してみたわけなのです。

早速開けるよ。

注文から4日で到着。思っていたよりも意外とコンパクトなダンボールで「あれっ」と思ったんですが、開けると更に小さな箱が登場。

02_20140610_w312

やっぱりAmazon。商品に対してのダンボールがでかすぎww

これが今回購入した4段式三脚W312。メーカーはカメラアクセサリーでは有名な『ハクバ』。これが¥1200で購入できるのは素晴らしいですよね。開ける前からワクワクです。

03_20140610_w312

外装箱にはビデオカメラでの使用の注意が表記。対応はしているみたいですが、可動部の音がマイクに入る可能性があるとのこと。後で確認してみます。

04_20140610_w312

『W312』のスペックはこんな感じ。高さは最小440mm、最大約1200mmまで調整可能。重さは730g。これぐらいの大きさと重さならカバンに入れても苦じゃないですよね。

05_20140610_w312

ではOPEN!

あっ忘れていましたが今回購入した色はシルバー。カラー展開はシルバーとブラック(Amazon限定)のみ。あとスマホ用スタンド付きのもあります。

06_20140610_w312

う~んワクワク!

0007_20140610_w312

パカ

08_20140610_w312

パカッ

09_20140610_w312

パァカー

ジャン!

10_20140610_w312

おぉ~ あっそうそうこのW312、標準でケース(入れ物)が付いてきます。ありがたいですよね。

11_20140610_w312

大きさはこんな感じ。大体iPhone5でいうと3個半分ぐらい。

12_20140610_w312

ケースの詳細

13_20140610_w312

ココら辺の配慮もうれしいよね

14_20140610_w312

持ち上げるとこんな感じ

これが『ハクバ-W312』だ!

早く中身を見せろって感じですよね(笑)んじゃ早速本体をね、出していきます。

15_20140610_w312

同梱物は、ケース、W312、簡易説明書のみ。

17_20140610_w312
18_20140610_w312

説明書はA4用紙1枚

じゃ~んこれがW312。シルバー色が特徴的&軽いです。

19_20140610_w312

脚のロックはよくあるレバー式。レバーはそこまで固くはないですが、特に動いたり外れることなくしっかりロックされている様子。流石わハクバといいましょうか、足元は当たり前のようにしっかりしています。

20_20140610_w312

リベット部分も甘くなくしっかりしています。

21_20140610_w312

エレベーター部分。ステー部分は少しバリが残っていたりとちょい甘め。

22_20140610_w312
23_20140610_w312

下から見たエレベーター

石突は固めのゴム製。

24_20140610_w312

スリットは脚のロックで使用。

25_20140610_w312

雲台部分はこんな感じ。左右の回転、前後の傾き、左右の傾きが調整できる3WAYタイプ。パンハンドルを緩めると前後(チルト)の傾きが調整できます。ちなみにチルト時に多少擦れたような音がします。

26_20140610_w312

シュープレートは簡単に着脱が可能なクイックタイプ。手前のレバーを引くと簡単に取り外すことが出来ます。

27_20140610_w312

シュー表面はやわらかいゴム製

28_20140610_w312

取り外す様子

カメラ台の様子。左のつまみがカメラ台ストッパーです。90°まで角度をつけられます。

29_20140610_w312

パンストッパー部分。つまみにちょっとだけバリが残っていますが、特に問題はなし。ただパンストッパーをキツく締めてもちょっとだけパンが出来るので多少あそびがあるようです。あとコチラもパンした時に少しだけ擦れるような音がします。

30_20140610_w312

エレベーターストッパー部分。約21cm高さを調整できます。

31_20140610_w312

パンハンドルのねじ先部分。

32_20140610_w312

一眼を取り付けた様子。特に問題なくしっかりした印象。これが¥1200とは恐るべしとしか言いようがありません。

33_20140610_w312

NIKON D60に取り付けた様子

手頃な価格でカメラ用三脚が欲しい方は即買決定!

さてさて、写真をタップリと使ってW312の様子をご紹介しましたがどうでしたでしょうか!?

プロのカメラマンや三脚にこだわっている方に向けての三脚ではないですが、手頃な価格の三脚としてはかなりいいものではないかと思いました。初めて三脚を購入しようとしている方、またとりあえず安く購入したい方にはもってこいな三脚ではないでしょうか。大きさもカバンに入るぐらいのコンパクトさだし既に持っている方もバックアップ用として持っておくのもいいなと思いました。

私は超満足です!!(買ってよかった>v<)

皆さんどうですか^^/

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)