ヘッダー広告掲載募集中

ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!5周年目達成 !!

防弾チョッキで使う強靭なアラミド繊維でiPhone SEをキズから守る!PIKATA製高級ケース

Ads by Google

023_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

どうも、スマホは基本裸で使いたい私(@こふす)です。その理由はコチラの記事でも書いています。関連記事ありがとうApple。色々付き合ったけどやっぱりiPhone5のデザインは最高だよ

さて基本裸で使っているとやはりキズに関してはどうしても付きやすくなってしまいます。落下に関してはバンカーリングの装着で解決出来るわけですが、表面が摩耗されて出来るキズは防ごうがありません。

もう何年も使っているスマホであれば諦めも付きますが、私のiPhone SEはまだ使い始めて2ヶ月そこら。開封直後から裸使用なので既に小さなキズが付いてしまっています。

裸で使いたい。でもキズは気になる。どっちにしようか!?と悩む時もあるわけですが、ケースを付けて使うとなるとケース選びという面倒な作業が出てきます。

まぁ色んなケースがあるわけなので好みの1個を探すのは時間もかかるし面倒なわけですが、今回私の元に届いたケースのサンプル品は私の様にケース選びが億劫な人にもオススメな「BEST OFオールマイティー」なケースでした。

男女共に使えるスタイリッシュなデザインでありながらも、防弾チョッキで使われるフルアラミド繊維製という頑丈で贅沢な仕様。
今回はついつい人にオススメしてしまいそうなPIKATAのiPhone SEケースをレビューしていきます。

 

Ads by Google

強靭さでは文句なし!PIKATA製フルアラミド繊維で作られたiPhone SEケース

普段裸でスマホを使うためケースの購入なんてしないわけですが、有難い事にスマホケースを豊富に扱うPIKATAというメーカーさんから出来立てホヤホヤの新製品のサンプル品を送って頂きました。

サイズはiPhone SEですが、iPhone6や6 Plus等のサイズ展開もしているフルアラミド繊維で作られたケースになります。

001_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

 

もうパッケージを見ればわかると思うんですが、結構凝った作りでこだわりが感じられます。まぁ価格も定価で8000円オーバー、Amazonのセール価格でも5000円オーバーなのでどちらかと言うと高級ケースになるのではと思います。

002_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

5000円オーバーのケースなんてまぁ自分では買うことは無い(そもそも裸で使うし)ので、非常に良い機会です。しっかりとレビューしてみたいと思います。

003_20160717_pitaka-carbon-iphonese-caseコチラがメインのケース、フルアラミド繊維で作られたiPhone SEケースです。補足までにアラミド繊維は防弾チョッキで主に使われている素材で、鋼材の7倍の強度があるとされています。

004_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

中身はこんな感じ。

005_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

ケースの内側に何か入ってます。

006_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

パッケージからは気づかなかったんですが、どうやら0.33mmのガラス製保護フィルムが付属してくるようです。単体で買えば1000円前後するようなフィルムなのでちょっとお得ですね。

008_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

さて冒頭からも私はスマホは裸で使うと言っているように、普段はこんな感じでバンカーリング(いやこれはiRingでした)を装着して使用しています。というわけで爪に気をつけながらゆっくりと時間を掛けて剥がしていきます。いや~外れなさすぎて爪がバカになりそう(;´Д`)

009_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

ケースはiPhone SEサイズなので基本iPhone 5や5Sでも装着することが出来ます。今回は勿論SEで付けてみたいと思います。

010_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

フルアラミド製なので柔らかいケースとは異なり、基本しなり等はありません。なので装着は結構思いっきりやっちゃうのがコツ。躊躇していると中々装着出来ないです。それぐらい硬いです。

011_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

こんな感じ。

012_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

若干上部の方で隙間がありますが、それ以外はフィットしています。

013_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

サイドのボリュームやサイレントボタン類の所はフリーな仕様。

014_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

電源ボタンもフリーで空いています。

015_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

下もフリーなのでコネクタ類が干渉することはまずありません。音も篭もることは無いですね。これは必要最小限のケースを求めている人にとってはナイスな仕様です。

016_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

裏側はこんな感じ。アラミド繊維の特徴的な斜めの模様があります。ちなみに縦模様の模様違いも選べます。

017_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

カメラ部分も干渉すること無く綺麗に空いています。

018_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

ケースを付けたままの重量は124g。iPhone SEの公称重量は113gなので、ケース本体の重量は11gになります。アラミド繊維特有の軽さがしっかり活きています。

019_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

アップで見た様子。どこかカーボン繊維にも似た様な模様で、男女ともに使えるクールデザインです。

020_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

エッジ部分の角は面取りがされています。R取りでは無いですが特別角が指や手のひらに刺さるという事は無し。

021_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

こうやって手にすると中々デザイン性の高いケースですよね。

022_20160717_pitaka-carbon-iphonese-case

どうよフルアラミド繊維製のケースは??

まずさわり心地ですが、結構良いです。さらさらしているんですがわずかに繊維の段差が感じられて、ツルツルするわけでもなく滑り止め的な効果もあります。

ケースを付ける前と付けた後の重量はまぁほぼ変わらないかなという印象。勿論11g重たくなるので多少の重さはありますが、それでもケース込みで124gなので軽さで言えばその他のケースに比べればポケットに優しいですね。

装着感はかなりしっかりとくっついているのでズレたり、ガタガタすることは無し。ただこれは付けている画面の保護フィルムの種類にもよりますが、若干ベゼル側のケースのエッジが高く、私のように0.15mmという超極細の保護ガラスを付けていると画面をスライドする時に指にエッジが掠れる事があります。ココらへんは恐らく付属の0.33mmの保護ガラスを付ければ解消されるのではと思います。

総合的に言えばデザイン性といい、作り込みといい、かなり満足度の高いケースなのではと思います。フルアラミド繊維仕様ですし、強靭さではまず間違いないですね。

ただ価格が5000円をオーバーするので、ケースにそこまでお金を掛けることが出来る人じゃないと検討できないという所だけが残念かなと。ただ素材もそうですが高級向けなのでこの値段は妥当かと思います。

こだわりのケースを探している人にもピッタリでしょうし、冒頭のようにピッタリのケース探しが面倒という方の間違いないケースの選択肢としても最適なのではと感じました。気になる方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!!

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)