ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

デザイン良し!音圧107dB超え!デュアル3WフルレンジBluetooth式スピーカー「BTSP−10Plus」レビュー

Ads by Google

23_20151222_BTSP−10Plus

どうも、マツコが美味しそうに食べていたハーゲンダッツのきなこ黒みつとみたらし胡桃が食べたい私(@こふす)です。一年前から発売されていますが、未だに食べていません。だって無いんだもん!!

 

さてさて、degitekunote2ではこれまでも沢山の据え置き型のBluetooth式スピーカーをレビューしてきましたが、また新たにBluetoothスピーカーを提供して頂いたのでレビューしていきたいと思います。

ちなみに数えてみるとこれまでに紹介したBluetooth式スピーカー(据え置き型のみで数えると)の数は3個。

3個の中でも1番気に入っているのが1番最初にレビューしたOMAKER M4です。このスピーカーはコスパと音質が最強で、今なお同価格帯でOMAKERを超えるスピーカーは出会っていません。

はたして今回レビューするBluetooth式スピーカーはコスパ&音質共に予想を超えてくるのか早速見ていきましょう!

 

Ads by Google

デザイン良し!持ち運びよし!inateck新製品のBTSP-10Plus

提供頂いたのは私大好きなドイツメーカーのinateckさんからで、比較的新しいBTSP-10Plusという製品です。

01_20151222_BTSP−10Plus

価格は5000円台で、特別安い価格帯に分類されるわけではありません。というのも最近Bluetooth式のスピーカーの低価格化が激しいので5000円台となるとある程度良い物が手に入ります。

02_20151222_BTSP−10Plus

記事執筆段階では残念ながらBTSP-10Plusは売り切れ。実は現在inateckでは年末年始爆安一掃セールを行っているので、あらゆるinateck製品が通常価格よりも安く購入することが出来ます。そのため恐らくですが完売してしまったのではないかと思います。

どうしても欲しい方は在庫復活するまで待ってみると良いかもしれません。

03_20151222_BTSP−10Plus

はいコチラが中身ですね。よく見る一式です。まずMicroUSBケーブルがあり、AUXケーブル、そして説明書にポーチ、あと本体です。

04_20151222_BTSP−10Plus

以前レビューしたinateckのMarsBoxでもそうでしたが、inateckではBluetooth式スピーカーを購入すると布スリーブ製のAUXケーブルなどが付属してきます。これはかなり気合が入っていますよね。

05_20151222_BTSP−10Plus

しかも以前とはまた作りが異なっています。使い回しじゃない点も素晴らしいですね。流石inateckといったところでしょうか!ヨイショヨイショ

06_20151222_BTSP−10Plus

MicroUSBケーブルはきしめんタイプ。最近きしめんタイプが流行っていますよね。ちなみに私は意外ときしめんタイプ嫌い派だったりします^^;

07_20151222_BTSP−10Plus

そしてポーチですね。すっぽり本体が入るサイズで作られているので持ち運びも簡単です。

08_20151222_BTSP−10Plus

中に入っていた謎の白いゴミのような物。まさかinateckゴミを混入させるなんておいおいマジかよと一瞬思ったんですが実は、

09_20151222_BTSP−10Plus

スピーカー本体のゴム足でした。わざわざ予備用を付けてくれるとはやはり流石ですな笑!

10_20151222_BTSP−10Plus

こちらがBTSP-10Plus本体です。独特な配置がされた6角形が印象的なデザインです。基本カラーは赤で以前紹介したMarsBoxと同じです。

11_20151222_BTSP−10Plus

折角なのでMarsBoxと比較した様子。

12_20151222_BTSP−10Plus

一目瞭然ですが、MarsBoxと比べるとBTSP-10Plusは一回り小さくなったサイズ感です。このサイズなら気軽にかばんに放り込んで持ち運べますよね。

13_20151222_BTSP−10Plus

XperiaZ3と比較した様子。ほぼ同じサイズですね。

24_20151222_BTSP−10Plus

今のところ個人的に最強なOMAKER M4と比較した様子。OMAKER M4よりも縦が低いです。

25_20151222_BTSP−10Plus

横側のデザインはこんな感じ。

14_20151222_BTSP−10Plus

裏側はシンプルに何もないデザイン。

15_20151222_BTSP−10Plus

反対側。

16_20151222_BTSP−10Plus

上部部分のデザインはこんな感じ。全体的にハードゴムのような素材でできています。

17_20151222_BTSP−10Plus

個人的に期待させる部分が底面部分の空いた穴。恐らくここから低音が出てくるんじゃないかと思いますがさてどうなんでしょうか。

18_20151222_BTSP−10Plus

充電は横の充電端子から行います。充電中はこの様にインジケータが光ってくれるため直ぐに分かります。BTSP-10Plusは内蔵バッテリー搭載で、実に2000mAhもあります。フル充電すると1日軽く持つ容量だそうですよ。

19_20151222_BTSP−10Plus

ちなみに右から充電用のMicroUSB端子、真ん中にスライド式の電源スイッチ、そして左側にAUXケーブル端子が搭載されています。この手のBluetooth式スピーカーでスライド式スイッチと言うのは珍しいですね。スイッチ好きな私はちょっと興奮します(笑)

20_20151222_BTSP−10Plus

上部部分の操作は至って簡単。まず左側の四角のボタンが再生と一時停止になり、プラスとマイナスボタンが音量になります。

21_20151222_BTSP−10Plus

スイッチを入れてあげれば早速ペアリング開始。Bluetooth4.0搭載なので最近のスマホなどのデバイスなら簡単にワイヤレス接続を行うことが出来ます。

22_20151222_BTSP−10Plus

では実際に聞いてみましょう。色んなジャンルの音楽を再生してみた動画です。

 

BTSP-10Plusってぶっちゃけどうよ!

一通り見てみた感想としては小さいな〜です。

そもそものコンセプト自体が小さくて手のひらサイズでも迫力あるサウンド出力なので小型サイズには納得ですが、個人的には小型するぐらいならドライバーを大きくして欲しかったなというのが正直。

でもコンセプト通り手のひらサイズにしては107dBという分けわからない音圧まで出力することが出来ます。ここら辺のポイントはかなり重要かと思います。

デザインに関してもそれなりに良いので、机の上に置いて普段使いするのも良し、外に持ち運んでアウトドアで利用するのにも最適ですね。

一応良いところとイマイチなところをリストアップしたので紹介していきます。

良いところ

  • デザインが良い。飾っていたくなるような個性的なデザインなので、見ていても面白い
  • 手のひらに乗るサイズで小さいため、持ち運びが楽。
  • スイッチがスライド式。
  • 内蔵バッテリーが2000mAhで、フル充電すると丸一日持つ。
  • AUX端子搭載で、Bluetooth未搭載デバイスでも再生可能。
  • デュアルフルレンジ式で、音圧は107dB超え。
  • 中域から高域は良く出ているからポップ系の音楽再生には最適。また音質のバランスは意外と取れていて、低域から高域まで広い範囲の音楽再生に適しています。
  • 付属のMicroUSBケーブルやAUXケーブル、ポーチなどが充実している。

イマイチなところ

  • 音質が物凄い良いというわけではなく、価格並の音質かなという感じ。OMAKER M4を体験してしまっている以上、ちょっと音質面ではインパクトに掛ける部分があるかな。
  • デュアルフルレンジにしては低域のインパクトが感じられにくかった。勿論普通に低音は出ているけれど、空気まで震わす様な出力ではなかった。OMAKER M4がかなり罪な奴だった事に今更ながら気付いた気がします。
  • 防水ではない。持ち運びが簡単なので出来れば防水でアクティブ利用も想定していると良かったかも。

 

小さいけれど迫力ある奴が欲しいぃ方は是非チェック!

小さいけれど迫力満点なBluetoothスピーカーが欲しい、また探しているという方にはこのBTSP-10Plusはピッタリかと思います。

デザインも良いので卓上で使用するという方にもオススメできますね!気になる方居ましたら是非チェックしてみてください!

 

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)