ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

電圧と電流を同時確認出来る!ルートアールのUSBチェッカーRT-USBVA3HV

Ads by Google

13_20151110_RT-USBVA3HV

どうも、日中の気温が31度を超えている季節無視の沖縄在住の私(@こふす)です。11月で汗が出るってどうなっとんじゃい!千葉が懐かしいぜ

さてさて、以前ルートアールのUSBチェッカーをご紹介しましたが、今回はそのUSBチェッカーの上位版のモデルルートアールのRT-USBVA3HVをレビューしたいと思います。

ガジェット好きなら1個は持ってたいコスパ最強のバッテリーチェッカー「RT-USBVA2」

モバイルバッテリーとかの電圧電流測定が趣味だよという方は是非ご覧あれ〜

 

Ads by Google

 

電圧と電流が同時に表示されるから見やすいぞ

得意のAmazonで購入したと思いきや、今回はヨドバシカメラ.comで購入しました。最近のヨドバシはAmazonに負けていないから利用しやすいですよね。

01_20151110_RT-USBVA3HV

USB電圧電流チェッカーといえばルートアール社ですよね。コスパと信頼性で評価されています。

02_20151110_RT-USBVA3HV

中身はRT-USBVA3HV本体と説明書のみ。

03_20151110_RT-USBVA3HV

では本体を見ていきましょう。こちらがRT-USBVA3HV本体です。USBケーブルが伸びているのが特徴的ですよね。以前紹介したRT-USBVA2はUSBコネクタのみでしたが、上位版ではケーブルが付いてきます。単純に測りやすくなりましたね。

04_20151110_RT-USBVA3HV

USBケーブルを電圧電流を測定したいモバイルバッテリー等に接続します。

05_20151110_RT-USBVA3HV

こちらは7セグですね。電圧と電流が同時に表示されるようになりました。これは非常に便利ですね。

06_20151110_RT-USBVA3HV

面白い点はOUTPUT端子が2つ搭載している点です。まずOUTPUT1はUSBデータ通信やQuickChage2.0に対応したポートになります。QuickChage2.0に対応ということで最大12.6V/3.0Aまで測定可能です。

07_20151110_RT-USBVA3HV

OUTPUT2ポートは電力供給だけで測定する時に使用します。ただしQuickChage2.0には対応していないので従来の充電方式の時のみ使用可能です。QuickChage2.0ではないデバイスで測る時且つ充電のみという場合はOUTPUT2を使用する感じですかね。

08_20151110_RT-USBVA3HV

Z3を繋いだ様子。QuickChage2.0を理解したのが写真を撮ってしばらく経ってからなのでQuickChage2.0に対応していないZ3をOUTPUT1に間違って繋げています。勿論値はミスってますが一応こんな感じで表示されます。

09_20151110_RT-USBVA3HV

ちなみに後日OUTPUT2で測定すると1.3A程流れていました。

非常に見やすいですよね。これは1個持っておきたいです。

10_20151110_RT-USBVA3HV

モバイルバッテリーで測定比べをするのも楽しくなりますね。

11_20151110_RT-USBVA3HV

あと以前のチェッカーでは電圧と電流が交互に表示されていて、それぞれ写真を撮る必要がありましたが、一枚で両方表示できるのでブロガーさんにも良いかもね。

12_20151110_RT-USBVA3HV

 

良いんじゃないかな

価格は以前のモデルより高くなりますが、まぁ持っていても良いかなと思いました。

ただしょっぱなからやらかしていますが、QuickChage2.0と通常の充電方式について知識がないと私みたいに測定ミスをしてしまいそうです。

こちらを購入される皆さんは恐らくそういった正しい知識を持っている方だと思うので多分ミスることは無いかと思いますが、知らないよ〜と言う方は早速QuickChage2.0について調べて購入してみると良いでしょう。

これからはコチラのチェッカーを使って測定をしていきたいと思います。というわけでルートアールのRT-USBVA3HVのレビューでした。

 

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)