ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

Apple製品と相性抜群InateckのUSB3.0ハブ「HB4007」レビュー

Ads by Google

000_20150411_W_HB4007_result

どうも、来月5月3日でこのブログ「degitekunote2」が丸々4周年になります私(@こふす)です。

さてさて、今回はUSB3.0ハブのレビューです。

Apple製品にめちゃくちゃ相性がありそうな見た目にも関わらず手頃な価格で、しかも内蔵チップが知る人には知る「GL3520」を搭載しているんだとか。GL3520は省電力と安定が売りで、USB3.0であってもバスパワー駆動が可能になります。

ではでは見て行きましょう。

Ads by Google

InateckのUSB3.0ハブ「HB4007」が美しいくて良いぞ

原寸大画像が見れるようになりました
今回からdegitekunote2でも記事で紹介する画像の原寸大画像が見られるようになりました。原寸大で見ることが出来るカテゴリーは限られていますが、より細部まで拡大できるので製品の特徴を知りたい方は見てみて下さい!

FlickrFlickrにアクセスします

実は今回レビューするUSB3.0ハブ「HB4007」は私が購入したものではありません。

遥々ドイツの企業であるInateckさんが直接このdegitekunote2を見て頂いて、是非使ってみてくださいと提供していただいたものです。いや~ありがたい。

一応使ってみて感じたことを自由に書いていいそうなんで、いつもどおりレビューしていきます。

というわけで到着です。Inateck社のAmazon店から直接送っていただきました。

001_20150411_W_HB4007_result

宛名がハンドルネームの「(@こふす)」で到着したので、受け取る際に配達の兄ちゃんに「(@こふす)さんで大丈夫ですか?」と聞かれたのがいい思い出です(汗

002_20150411_W_HB4007_result

よいしょっ

003_20150411_W_HB4007_result

価格は1799円だそうです。USB3.0のハブにしてはリーズナブルな価格です。

004_20150411_W_HB4007_result

きましたね~思っているより小さい箱です。

005_20150411_W_HB4007_result

PC周辺機器メーカーで知る人は知る「Inateck」社の製品です。ドイツのメーカーだそうです。

006_20150411_W_HB4007_result

USB3.0なので5Gbpsの転送速度とバスパワー、ドライバー無しでしかもハイクオリティーと書いてますね。

007_20150411_W_HB4007_result

パカっ

008_20150411_W_HB4007_result

中身はUSB3.0ケーブルと本体のみです。説目書なども一切ありませんね。いや~完結ですばらすぃ。

009_20150411_W_HB4007_result

そしてこれが本体。アルミニウム色でいかにもApple製品とマッチングしそうな感じです。

010_20150411_W_HB4007_result

横側。

011_20150411_W_HB4007_result

裏面。

012_20150411_W_HB4007_result

ポート数は4個です。バスパワーでUSB3.0を4個駆動させるって凄いよね。

013_20150411_W_HB4007_result

ケーブルは白色。

014_20150411_W_HB4007_result

長さは30cm程度。太さがまた太いのなんの。これだけ太いと電力効率も良さそうですね。

015_20150411_W_HB4007_result

勿論USB3.0です。

016_20150411_W_HB4007_result

そしてMicroBです。実は私初めてUSB3.0のMicroBを見ました。面白い形してますよね~

017_20150411_W_HB4007_result

本体の横側にケーブル端子があります。左側がMicroBメスと右側は別売りのAC端子です。

018_20150411_W_HB4007_result

差し込むとこんな感じ。

019_20150411_W_HB4007_result

忘れてました。大きさはこんな感じ。iphone5と比べても結構コンパクトにまとまっているのがわかります。

020_20150411_W_HB4007_result

愛機のT100taに差し込んでみました。

021_20150411_W_HB4007_result

USBメモリーとマウスのドングルを付けてみましたが普通に使えます。

022_20150411_W_HB4007_result

各端子の幅は狭すぎず広すぎずで十分ですね。

024_20150411_W_HB4007_result

使ってみた感想

本当は速度測定などもしてみたかったんですが、残念ながらUSB3.0の機器を持っていなかったのでやりませんでした。ただUSB2.0/1.1にも対応しているので、普通に使えました。

USB3.0のバスパワー駆動のハブはよほど性能が良くないと使いものにならないという話も聞く中、このHB4007は全ポート外付けHDDを繋げても余裕で読み込めました。(USB2.0でしたが)

それもそのはずで、実はこのHB4007の内部のチップにはGL3520が使われていて、低消費電力で安定性が高いとことで定番中の定番のものが使われているそうです。

レビューでもかなり評判がいいのも納得できたかなという感じです。

見た目はApple製品を使っている方ならすんなりと馴染みそうです。Windowsでも最近の製品はスタイリッシュなものが多いのでいいかなと思います。

イマイチな点をいうと…

カラー展開がないことですかね。シルバーでは無くブラックだったらT100taにも合うんですが、まぁそれはどうってことないでしょう。

ケーブルが太いというのも少しマイナスポイントですが、より安定した速度を出すには致し方がないことですね。

総評

満足です。USB3.0のハブを探している方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。HB4007はポートが4個ですが、上位モデルのHB7002は7個ポートが付いています。

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)