ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

【レビュー】台湾発イヤホンブランドdivas audioのスタンダードモデル「DV-2093」を使ってみた

Ads by Google

01_20141129_dv2093

どうも、イヤホンにはちょいとうるさい私(@こふす)です。というか音全般にこだわりがあります。ハイっ

 さてさて今回はそんな私の元へ、ガジェットやモバイルアクセサリーを販売するネットショップ「サンワダイレクト」さんよりあるイヤホンが届きましたので早速レビューしてまいりたいと思います。イヤホンにうるさい私を満足させてくれるのでしょうか!

Ads by Google

リーズナブルなスタンダードモデル、台湾ブランドdivas audioのイヤホン「DV-2093」がやって来た

というわけでダンボールに入って我が家に届きましたよ。イヤホン好きだけれども頻繁に買うわけではないのでやっぱり興奮しますな。

02_20141129_dv2093

ジャン!出てきましたね~
今回レビューするイヤホンは台湾の音響メーカー「divas audio」の比較的リーズナブルな価格で購入できるスタンダードモデル「DV-2093」。

03_20141129_dv2093

サンワダイレクトさんでは「400-HS040R」と表記されていますが同じものです。ちなみに価格は¥6480とイヤホンとしては特段高価なものではないですが化粧箱から凝っていますね。ますます中身が気になります。

04_20141129_dv2093

今回は赤色を選択!黒に赤って最高だよね(青もあるよ)

化粧箱横には電磁波を低減してくれるEMI Stopperの絵がありますね。後記あり。

05_20141129_dv2093

後ろ。全部英語です。

06_20141129_dv2093

 

開けるよ~

化粧箱を上に持ち上げると専用の型に入ったイヤホンが登場!中々の豪華ぶりです。

07_20141129_dv2093

どうでしょう。高級感かもし出してますね~

08_20141129_dv2093

下にも色々入っています。

09_20141129_dv2093

内容物は説明書、専用ポーチ、小さい箱、そしてイヤホン本体です。

10_20141129_dv2093

説明書は日本語でも記述されてます。流石台湾ですね!

11_20141129_dv2093

 んじゃ早速色々見ていきますかっ!

専用ポーチ

まずは専用ポーチ。この価格のイヤホンで専用ポーチが付いてきたのは初めてですね。

12_20141129_dv2093

中央にはdivas audioのロゴマークが浮き出ています。地味にカッコイイですね。素材は衝撃に強そうなクッションですかね。

13_20141129_dv2093

パカっと開きます。ここにイヤホンを入れるわけですね。あとイヤーピースとかを入れれそうなメッシュポケットもあります。

14_20141129_dv2093

ファスナーの取っ手にはdivasの文字。凝ってますね~

15_20141129_dv2093

 

謎の箱

何が入っているのか気になる謎の箱。

16_20141129_dv2093

中身は予備のイヤーピースと胸ポケットや衣服に固定できるケーブルクリップでした。イヤーピースは3サイズあります。

17_20141129_dv2093

 

イヤホン本体

イヤーピースはこっちにもありますね。色違いで3サイズあります。

18_20141129_dv2093

はいジャぁぁン!!来ました。これが本体のイヤホンですね。赤色のケーブルが実に映えますな。

19_20141129_dv2093

プラグは金メッキの4極ステレオミニプラグ。

20_20141129_dv2093

左右に分岐する部分には高価な音響機器や電子機器には必ず備わっている電磁波(ノイズ)をカットしてくれるEMIフィルターがあります。

21_20141129_dv2093

右側のイヤホンのコードには全指向性のコンデンサマイクとマイクボタンがあります。ハンズフリーやSiriなどの音声認識アプリの使用に便利ですね。

22_20141129_dv2093

イヤホンユニット部分です。形は最近多くなりましたカナル型ですね。

23_20141129_dv2093

筐体はアルミ製で固いので中の音を出すドライバーからの不要な振動が抑えられる効果もあり、クリアな音が楽しめるとのこと。

24_20141129_dv2093

見た感じかなりスタイリッシュな形で、流行りのチャンバーのような空間は無いみたいです。低音がどんな感じか気になるところですね。

25_20141129_dv2093

スペックは、8mmマイラードライバー搭載、入力感度95dB±3dB、再生周波数帯域20Hz~20,000Hz、インピーダンス16Ω±10%、最大入力5mW、音圧感度95dB±3dBです。

26_20141129_dv2093

 

イヤーピース

予備の黒一色のタイプと赤色のタイプの2種類あります。どちらも3サイズ付属してます。

27_20141129_dv2093

 

ケーブル

ケーブルの太さは2mmと一般的な太さです。全長は約118cmあります。

28_20141129_dv2093

 

さぁ聞くぞぉぉ

イヤホンは聞いて初めてその特徴がわかりますからね、各部の紹介はここまでとして早速聞いてみましょう。((o(´∀`)o))ワクワク

29_20141129_dv2093

リスニング中♪~~

30_20141129_dv2093

曲はBugglessのadventure in modern recording

 

感想

音はSONY製のような音1つ1つがハッキリしているクリアな作りで、低音よりも高音と中低域を推している印象ですね。
チャンバーが無いため低域はやっぱり弱く、低音を楽しむのには向いていないですが、POP系やクラシック系の音楽には構造上的にも音質的にも向いている気がしました。
日頃から高価イヤホンで音楽を楽しんでいる方からすると多少物足りなさがあるのは否めないですが、この価格でこの作りとデザインとそして音質ならかなり良いと思いますね。気軽に聞く用、また外出時に聞いたりするのにはもってこいです。専用ポーチも有るので持ち歩くにも良いですね。

31_20141129_dv2093

あまりイヤホンにこだわりがなく安いモノを使っていた方が、ちょっと高価なイヤホンを楽しんでみようというステップには最適かなと感じました。作りやこだわりもしっかりしているのでそこら辺も含めておすすめしたいですね!あとフィット感は素晴らしかったのでカナル型デビューにも良さそうです。

さて、私はこれからエイジング(使い込んで音を馴染ます作業)していくことでどう変わるか楽しみなので取り敢えず1週間このイヤホンで過ごしてみたいと思います。では!

 

■商品購入ページ
高音質カナル型イヤホン – サンワダイレクト

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)