ノートの落書き感覚で発信する情報ブログ、その名も「デジテクノート2」。 沖縄から不定期で好き勝手更新しています!6周年目達成 !!

旅行先での自撮り時に超悟るBluetooth接続式セルフショットステッィック「Monopod VM-01」

Ads by Google

39_20141123_monopod

どうも、最近大好きなiPhoneでのタイムラプス撮影が出来ていない私(@こふす)です。

さてさて、旅行時は勿論外出時での写真撮影って皆さんどうしていますでしょうか。大概近くの人に「すいません、カメラお願いしてもいいですか」と申し訳無さそうにカメラを出してお願いするのが常かと思いますが、見ず知らずの方に撮ってもらうことになるのでピントが合っていなかったりフレームアウト等、中々ベストショットで思い出を残すのは難しかったりするかと思います。

腕を伸ばして自分一人で頑張って撮るセルフショットという方法もありますが、カメラにスマホを用いることが多い今の時代広角レンズが付いているわけでもないので背景が映らなかったり、複数人だとフレームアウトしたりなど思った以上に面倒だったりしますよね。

そんな時に是非使って欲しいのが自撮り棒。今回はスマホ用自撮り棒の「セルフショットステッィック Monopod VM-01」をレビューしていきます。

Ads by Google

旅のお供に是非持って行きたい「セルフショットステッィック Monopod VM-01」

というわけで今回縁あってサンワサプライさんより提供いただきましたのは、自撮りがめちゃ捗るセルフショットステッィック Monopod VM-01。遥々私の住む沖縄まで送っていただきました。

早速開封していきます。

01_20141123_monopod

中からエアクッションが2つ。おもいっきり潰そうと手を振りかざしましたが勇気が出ずやめました。よくあるよね(笑)

02_20141123_monopod

梱包物。

03_20141123_monopod

サンワサプライさんやっぱり好きです。

05_20141123_monopod

パッケージはこんな感じ。パッケージの大きさにも注目です。

06_20141123_monopod

パッケージには3つの色違いがありますが、販売元のサンワサプライの直営ショップサンワダイレクトではどうやら色の選択は黒一色になるようです。

07_20141123_monopod

正式な商品名は「Wireless Monopod」。型番はVM-01になります。

08_20141123_monopod

出しま~す

09_20141123_monopod

ジャン!内容物はスマホホルダ×2とMicroUSBケーブルとスティック本体と保証書兼説明書です。

11_20141123_monopod

開封は以上です。さて各部を詳しく見ていきますか。

詳しく見ていくよ

各部品を紹介していきましょう!

スティック本体

要となる本体の様子がコチラ。パッケージを見てもお分かりだと思いますがかなり小さいです。三脚の脚のように引っ張ると段々式で伸びるんですが、収納時だと25cmと500mlペットボトル一本分の大きさでカバンに入れて持ち歩いても苦にならないです。ちなみに重さは104g、耐荷重は500g。

12_20141123_monopod

手元にはシャッターボタンがあります。色々な自撮り棒がある中で手元でシャッターが押せるのは中々無いんですよね。大きな特徴です。

13_20141123_monopod

勿論技適マークありです。偽物が多いのでココらへんは購入される場合は要チェックです。

47_20141123_monopod

雲台はこちら。標準ネジ系なので色々なデバイスを載せることが出来ます。

14_20141123_monopod

雲台は180°チルト可能。横のネジで固定することで色々な角度にすることが出来ます。

15_20141123_monopod

スティック底には電源スイッチや充電ポートがあります。Bluetooth接続式なのでバッテリー内蔵&電源スイッチなどがあるんですよね。これも他の自撮り棒には無い特徴ですね。

16_20141123_monopod

収納時は25cmとコンパクトですが、最大に伸ばすと102cmまで伸ばせます。約1mの距離があれば景色も入った良い写真が撮れそうですよね。

17_20141123_monopod

スマホホルダー

スマホを固定するホルダーは2つ付属してきます。左側の小さいサイズがiPhone5や一般的なスマホサイズ用で、右側の大きいサイズがiPhone6 Plusやファブレットサイズ用になります。最近は5インチサイズのファブレットも主流になりつつありますからこの心意気は嬉しいですよね。小さいサイズは縦最大7cm、大きいサイズは縦最大8cmまで開口します。

18_20141123_monopod

ホルダーとスマホの接触部分はスポンジで覆われているため傷の心配も大丈夫です。ちなみに横もこんな感じに伸縮します。

20_20141123_monopod

私はiPhone5持ちなので小さいサイズを使っていきます。

19_20141123_monopod

締め付け具合はまぁまぁです。激しい動きをしなければ外れることもないでしょう。

21_20141123_monopod

バンカーリングを付けたiPhoneでも難なく取付可能です。つまりケースなどを付けたスマホでもそのままイケます。これ中々ありがたいですよね。

22_20141123_monopod

本体への充電はMicroUSBケーブルで

嬉しい事に充電はMicroUSBケーブルを使用して行います。汎用ケーブルでカバンに1つはあるでしょうから別途ケーブルを持ち歩く必要なしですね。

23_20141123_monopod

充電中は小さいですが赤くランプが光ります。

24_20141123_monopod

Bluetooth接続!

早速Bluetooth接続してみたいと思います。まずは本体の電源をONにして、

25_20141123_monopod

スマホのBluetoothをONにしてスキャンします。NEOpineというデバイス名が出てきたらタップ。

26_20141123_monopod

これで接続完了です。ペアリング時のパスコードが不要なので超簡単ですよね。今回はiPhoneで接続していますがAndroidでも基本的に同じ作業です。

27_20141123_monopod

ちなみに対応している機種はiOS 4.0以降のiPhone6・6Plus・5s・5c・4s・4、Android 3.0以降のデバイスです。カメラを起動していない状態でシャッターボタンを押すとボリュームが上がります。つまりAndroidデバイスの場合音量ボタンの+キーシャッターボタンに割り当てられている必要があります。

28_20141123_monopod

 

試し撮りしてみる

実際に外で使う前に試し撮りしてみます。最近作ったナノブロックのビルセットを被写体にしてと…

29_20141123_monopod

シャッターボタンをポチっ

30_20141123_monopod

見事撮れています。ということで準備完了!!

31_20141123_monopod

スティックとホルダを繋げてと

33_20141123_monopod

早速外で使ってみたいと思います。

 

さぁ思う存分撮りまくれっ

朝の7時。近所の公園にやって来ました。まずはね、なんといっても初自撮り棒ですからひと気がいない時間帯にね、テスト撮りですよ。

46_20141123_monopod

自撮り棒使ったことも見たこともないという方にこのショットをお送りします。自撮り棒を使うとこんな感じになります。

34_20141123_monopod

正面から見るとこんなん。ちょっとハードル上がりましたか皆さん(笑)。私も初めてこうやって構えてみましたが慣れないうちは中々恥ずかしいものです。

35_20141123_monopod

ちなみにセルフショット以外の活用の仕方もあるんですよね。こうやって地面すれすれの映像を撮ったりとか。(実際に撮ったのでもうちょい先で動画貼ります。)

36_20141123_monopod

スティックを上に向けてアウトカメラで撮った写真が何枚かあるので貼っときます。

39-1_20141123_monopod

地面からの高さ見てください。高いですよね。

40_20141123_monopod

こうも高いと景色撮りも楽しくなっちゃいます。

41_20141123_monopod

いい景色です。

45_20141123_monopod

実際に自撮りした様子。インカメラで撮るとある程度構図も確認できるのでベストショットが撮れますね♪どうですか?もろに顔出ししてますが…

42_20141123_monopod

どうも、私がdegitekunote2運営者の(@こふす)です。ハイ。はいそこ!残念とか言わないっっ

調子乗って変顔してますが、腕を上げて撮ると上から見下ろした構図のショットも撮れるんですよね。自撮り棒無しじゃ出来ない写真の例ですね。

43_20141123_monopod

写真以外にも映像も撮ったりしたので商品紹介動画に織り込んでみました。

ちなみに地面すれすれの映像はビデオカメラを付けて撮りました。

37_20141123_monopod

実際にカバンに入れて持ち歩きましたが、全く邪魔にならなかったです。

38_20141123_monopod

 

さていかがだったでしょうか!

お隣の国、韓国やその他外国ではかなりのブームでセルカ(セルフカメラ)と呼ばれている自撮り棒。まだ日本では入ってきたばかりでこれを持って歩いている人をいっぱい見かけることはないですが、実際使ってみて初めは恥ずかしさもありますが、撮っていくとこれが結構楽しくて妙にハマっていくなという印象でした。ぼっち飯やぼっち旅等、1人での行動が多くなっているだけあってあると便利なアイテムかなと思いました。

自撮り棒に興味のある方、セルフショットステッィック VM-01かなりオススメです。

是非チェックしてみてはいかがでしょうか!!

TVでも話題のセルフィースティック(自撮り棒・Bluetoothワイヤレス)

Ads by Google

PICK UP RELATED ARTICLE

RELATED ARTICLE

関連する記事をピックアップ! 関連記事
Powered by Google(関連コンテンツ)